« 永沢光雄「風俗の人たち」感想。
ドキュメンタリー。1998年01月31日読了。
| トップページ | 西原理恵子「できるかな」感想。
エッセイコミック。1998年02月15日読了。 »

1998/02/08

宮部みゆき「火車」感想。
サスペンス。1998年02月08日読了。

火車
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき・みやべみゆき・かしゃ
新潮社 1998/01出版 590p 15cm ISBN:4101369186 ¥900(税込)

おお、素晴らしい。世間が傑作だ傑作だというのも頷ける。こんなに面白い小説だと知っていたなら、文庫化を待たずに読めば良かった。

しかし、こういうテクノロジーを盛りだくさんに盛り込んだ小説というのは、そのうち風化してしまうのではないだろうか。1980年代以前に書かれた近未来SF小説のいくつかは、当時は傑作といわれながらも、現在では陳腐な小説に成り下がっている。本書を20年後に読んだとき、今と同じように評価できるか微妙だ。

8点/10点満点

|

« 永沢光雄「風俗の人たち」感想。
ドキュメンタリー。1998年01月31日読了。
| トップページ | 西原理恵子「できるかな」感想。
エッセイコミック。1998年02月15日読了。 »

▲宮部みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「火車」感想。
サスペンス。1998年02月08日読了。
:

« 永沢光雄「風俗の人たち」感想。
ドキュメンタリー。1998年01月31日読了。
| トップページ | 西原理恵子「できるかな」感想。
エッセイコミック。1998年02月15日読了。 »