« 宮部みゆき「模倣犯・下」感想。
ミステリ。2001年04月18日読了。
| トップページ | 司馬遼太郎「人斬り以蔵」感想。
時代小説。2001年05月02日読了。 »

2001/04/24

「会社を興す段取りと計画シート」感想。
ビジネス書。2001年04月24日読了。

会社を興す段取りと計画シート 起業適性診断から会社設立登記まで
BookWebはこちら
 amazonはこちら
小泉修平
中経出版 2000/12出版 223p 21cm ISBN:4806114243 ¥1,680(税込)

起業するリスクと、サラリーマンで一生を終える気楽さを比べたとき、堕落な私はサラリーマンで一生を終えた方が自分に向いていると常々思っている。しかし起業して一攫千金を、それも10億20億じゃなく、孫正義のように1兆円くらいの一攫千金を狙いたいと思う心もある。そんな中途半端な私は、こういう本を読んでは「資金繰りってやっぱり面倒だが今の会社でやってることの延長だなあ、そう考えると会社を興すことは何とかできそうだ、で結局はどうやって稼ぐかなんだよな、おれ営業嫌いだし」となるわけだ。今までいろんな成り上がり本を読んできたけど、根底は結構同じで、たった1円されど1円、1円稼ぐにも努力が必要努力を怠る奴は稼げない、てなことだが、私にはその根性が徹底的に欠けている。1円のために媚びは売れないし嫌いな奴に頭を下げられないし、ああまったくつくづく私って奴は。

4点/10点満点


|

« 宮部みゆき「模倣犯・下」感想。
ミステリ。2001年04月18日読了。
| トップページ | 司馬遼太郎「人斬り以蔵」感想。
時代小説。2001年05月02日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/8853088

この記事へのトラックバック一覧です: 「会社を興す段取りと計画シート」感想。
ビジネス書。2001年04月24日読了。
:

« 宮部みゆき「模倣犯・下」感想。
ミステリ。2001年04月18日読了。
| トップページ | 司馬遼太郎「人斬り以蔵」感想。
時代小説。2001年05月02日読了。 »