« 蔵前仁一「旅で眠りたい」感想。
紀行エッセイ。2004年09月01日読了。
| トップページ | 岡田理恵/長尾弥生/柳沢有紀夫「極楽アジアの暮らし方 マレーシア/インドネシア・バリ篇」感想。
ガイドブック。2004年09月08日読了。 »

2004/09/04

蔵前仁一「インドは今日も雨だった」感想。
紀行エッセイ。2004年09月03日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

インドは今日も雨だった

9冊連続で蔵前本を読んだ。
幻冬舎文庫4冊、講談社文庫4冊、新潮文庫1冊である。

蔵前本はどれもこれも面白い。
全てが(私の好みで)水準以上の完成度だ。

だがしかし、時が経てば蔵前本の内容は忘れてしまうだろう。面白かったという印象はなくならないだろうが、蔵前本の特徴である「旅人の日常」は、面白おかしく書かれているが、あくまでも日常の話であり、永遠に記憶に残ることはない。

だからこそ言えるのは、時が経って内容を忘れた頃に読み直すと、たぶん、きっと再び面白く感じるのではないだろうか。

いつ読み直すのか分からないけど。


6点/10点満点


|

« 蔵前仁一「旅で眠りたい」感想。
紀行エッセイ。2004年09月01日読了。
| トップページ | 岡田理恵/長尾弥生/柳沢有紀夫「極楽アジアの暮らし方 マレーシア/インドネシア・バリ篇」感想。
ガイドブック。2004年09月08日読了。 »

△蔵前仁一」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/57013895

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵前仁一「インドは今日も雨だった」感想。
紀行エッセイ。2004年09月03日読了。
:

« 蔵前仁一「旅で眠りたい」感想。
紀行エッセイ。2004年09月01日読了。
| トップページ | 岡田理恵/長尾弥生/柳沢有紀夫「極楽アジアの暮らし方 マレーシア/インドネシア・バリ篇」感想。
ガイドブック。2004年09月08日読了。 »