« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/18

夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す(二)」感想。
時代SF小説。2005年01月17日読了。

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2
BookWebはこちら
 amazonはこちら
夢枕獏・ゆめまくらばく・しゃもんくうかいとうのくににておにとうたげす
徳間書店 2004/07出版 478p 20cm ISBN:4198618798 ¥1,890(税込)


とりあえず今のところは期待を裏切っていない。

6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/14

夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す(一)」感想。
時代SF小説。2005年01月13日読了。

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ1
BookWebはこちら
 amazonはこちら
夢枕獏・ゆめまくらばく・しゃもんくうかいとうのくににておにとうたげす
徳間書店 2004/07出版 476p 20cm ISBN:419861878X ¥1,890(税込)


おお、久しぶりに出来の良い獏ちゃんだ。
四冊刊行終わるまで読むのを待った甲斐がある。
これは残り三冊に期待がふくらむ。

6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/12

逢坂剛「墓石の伝説」感想。
冒険小説。2005年01月11日読了。

墓石の伝説Gunfight near the O.K.cor
BookWebはこちら
 amazonはこちら
逢坂剛・おうさかごう・ぼせきのでんせつ
毎日新聞社 2004/11出版 527p 20cm ISBN:4620106917 ¥1,995(税込)


究極の自己満足小説。
全体の8割を占める西部劇映画への蘊蓄は、読んでいて飽きた。
蘊蓄以外のストーリーはとってつけたようなつまらなさ。
逢坂剛ともあろう作家がこんな程度の低い小説を書くとは。
ファンだから1995円も出して買ったけどさ。

1点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/07

久坂部羊「破裂」感想。
ミステリ。2005年01月07日読了。

破裂
BookWebはこちら
 amazonはこちら
久坂部羊・くさかべよう・はれつ
幻冬舎 2004/11 出版 450p 20cm ISBN:4344006984 ¥1,890(税込)


着眼点が良い。凄く良い。
しかし、全体的な構成が回りくどく、また説明口調であり、しらけさせる部分もあり。
更に、文章もおかしなところがまま見受けられる。誰が誰に向かって語りかけているのかわからなくなったり、三人称での人物切替が適切でなかったり、時制がおかしく感じられたり。
それよりも何よりも、結局のところ主人公らしい主人公がいなく、かつ登場人物に人間的な魅力を感じないところが、傑作になり得ただろうアイデアを生かし切れない小説となってしまった原因だろう。

5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑感。小説に関する名言

2005年1月8日、雑感。
その昔、確か中島梓(栗本薫)がのたまいた名言に、私は小説の心髄を感じる。
曰く、小説(作家)とは、
・アイデアメイカー
・プロットメイカー
・シチュエイションテラー
・ストーリーテラー
に分類されるのだと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/01

2004年の読書総括。85冊。

読書数は冊数です。「上・下」に分かれている本は読書数2冊とカウントしています。

英語や漢字検定などのお勉強本、PC関連書籍、クイズ本などは、それなりにちゃんと中身を読みますが、この手の本は読むことが主眼ではないので、読書数にカウントしていません。

また、最新の世相を反映した世界地図帳、世の中のいろんな業界ランキングが書かれている業界地図、写真集・画集などは、読むというより眺めることがが主体となり、読書とはちょっと異なると思っているので、こちらもカウントしていません。


天野才蔵 2004年の読書総括
 ジャンル国内海外合計数
小説SF・ファンタジー・ホラー9413
小説冒険・ミステリ14014
小説歴史・時代・武侠141832
小説純文学・青春000
 小説小計372259
その他ノンフィクション・ルポ415
その他いわゆる新書000
その他紀行文・旅関連・エッセイ17017
その他ビジネス・株・雑学他404
 その他小計25126
 総合計622385


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »