« 芳地直美「タムタムアフリカ」感想。
紀行文。2005年05月18日読了。
| トップページ | 柴田錬三郎「英雄ここにあり・下」一行感想。
三国志。2005年05月24日読了。 »

2005/05/23

田中宇「辺境」感想。
ドキュメンタリー。2005年05月23日読了。

辺境 世界激動の起爆点
宝島社 2003/12出版 175p 20cm ISBN:4796637842 ¥1,365(税込)

チベット、アフガニスタン、コンゴとマダガスカル、チェチェン、ビルマ、ガザ、本書で取り上げられた「辺境」である。その辺境には、紛争がある。辺境が紛争を起こすのか、紛争が辺境を好むのか。作者の問いかけは興味深く、今後もこのジャーナリストを注目したい。

この本の金銭的価値:735円の新書で出そうよ。
6点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 芳地直美「タムタムアフリカ」感想。
紀行文。2005年05月18日読了。
| トップページ | 柴田錬三郎「英雄ここにあり・下」一行感想。
三国志。2005年05月24日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇ノンフィクション」カテゴリの記事

◇世界についての本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7705474

この記事へのトラックバック一覧です: 田中宇「辺境」感想。
ドキュメンタリー。2005年05月23日読了。
:

« 芳地直美「タムタムアフリカ」感想。
紀行文。2005年05月18日読了。
| トップページ | 柴田錬三郎「英雄ここにあり・下」一行感想。
三国志。2005年05月24日読了。 »