« 小栗左多里「英語ができない私をせめないで!」一行感想。
語学の本。2005年06月20日読了。
| トップページ | 牛山隆信「秘境駅へ行こう!」感想。
紀行文。2005年06月21日読了。 »

2005/06/21

宮本輝「ひとたびはポプラに臥す6(最終巻)」感想。
紀行文。2005年06月20日読了。

ひとたびはポプラに臥す6
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮本輝・みやもとてる・ひとたびはぽぷらにふす
講談社 2002/04出版 252p 15cm ISBN:4062732661 ¥660(税込)


フンザからイスラマバードまで

宮本輝ってわがままなおっさんだなあ、と思いながら6冊読んだが、読み終わってみればシルクロードに行きたくなった。まずい飯、うまい飯、険しい道、埃だらけの街、広大な砂漠、ひたすら暑い大地、そんな中で暮らす人々、そんな情景が目に浮かぶ。それだけ宮本輝が物書きとして優れているんだろう。
同行した宮本輝の息子、新聞社のカメラマン、中国人ガイドなどの人物描写に、宮本輝がどれほどの脚色を入れているのか判らない。読んでいる最中、多少鼻についたステレオタイプな人物の書かれ方も、読み終わってみると、ああなるほどと思ってしまう。

しかし、1995年5月25日から7月1日までの約40日間の旅を6冊の本にするというのは、商売優先な事で。字は大きいし行間広いし、3冊か4冊にできるでしょ。

この本の金銭的価値:6冊で2,640円(660円×4冊)。
6点/10点満点

|

« 小栗左多里「英語ができない私をせめないで!」一行感想。
語学の本。2005年06月20日読了。
| トップページ | 牛山隆信「秘境駅へ行こう!」感想。
紀行文。2005年06月21日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7697280

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本輝「ひとたびはポプラに臥す6(最終巻)」感想。
紀行文。2005年06月20日読了。
:

« 小栗左多里「英語ができない私をせめないで!」一行感想。
語学の本。2005年06月20日読了。
| トップページ | 牛山隆信「秘境駅へ行こう!」感想。
紀行文。2005年06月21日読了。 »