« 曽野綾子「哀歌・上巻」感想。
純文学。2005年06月30日読了。
| トップページ | 曽野綾子「哀歌・下巻」一行感想。
純文学。2005年07月11日読了。 »

2005/07/07

クィン「ウォルマートがアメリカをそして世界を破壊する」感想。
ドキュメンタリー。2005年07月06日読了。

ウォルマートがアメリカをそして世界を破壊する
BookWebはこちら
 amazonはこちら
ビル・クィン/大田直子・びるくぃん・うぉるまーとがあめりかをそしてせかいをはかいする
成甲書房 2003/09出版 254p 19cm ISBN:4880861510 ¥1,680(税込)


アンチウォルマートの元新聞記者(というか新聞社経営者)ビル爺さんが、ウォルマートは如何にひどい企業かを事実と推論を元にひたすら書き連ねたウォルマート本。
取材した事実は事実なのだろうが、その事実を元にするビル爺さんの主張は古くさく、ウォルマート大嫌いな私でも、「爺さん大丈夫か?」と言いたくなる。
今の日本、ウォルマート礼賛本(ウォルマートの経営を見習え的な本)やウォルマート警戒本(ウォルマート上陸に備えよ的な本)が多い中、この本のようなアンチウォルマート本は貴重である。

この本の金銭的価値:1,680円は若干高い印象あり。
7点/10点満点

|

« 曽野綾子「哀歌・上巻」感想。
純文学。2005年06月30日読了。
| トップページ | 曽野綾子「哀歌・下巻」一行感想。
純文学。2005年07月11日読了。 »

◇ノンフィクション」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7697286

この記事へのトラックバック一覧です: クィン「ウォルマートがアメリカをそして世界を破壊する」感想。
ドキュメンタリー。2005年07月06日読了。
:

« 曽野綾子「哀歌・上巻」感想。
純文学。2005年06月30日読了。
| トップページ | 曽野綾子「哀歌・下巻」一行感想。
純文学。2005年07月11日読了。 »