« 高野秀行「世界のシワに夢を見ろ」感想。
エッセイ。2005年08月28日読了。
| トップページ | 高野秀行「幻獣ムベンベを追え」感想。
エッセイ。2005年08月31日読了。 »

2005/08/31

高木徹「戦争広告代理店」感想。
ドキュメンタリー。2005年08月30日読了。

戦争広告代理店
高木徹・たかぎとおる
講談社 2005/06出版 405p 15cm ISBN:4062750961 ¥650(税込)

ユーゴ紛争が起きていた時の報道では、
ボスニア・ヘルツェゴビナは被害者だった。
ユーゴスラビア(後の新ユーゴ、現セルビア・モンテネグロ)は加害者だった。

しかしそれは、アメリカの広告代理店が仕掛けたイメージ戦略に、世界中のマスコミが乗っかってしまった、言い方を変えれば騙されてしまったために出来上がった、現実とは異なるイメージだった。

丁寧な取材をベースに、客観的事実と主観的推論を上手く織り交ぜ、読者に一つの結論を提示する。これはまさしく第一級のドキュメンタリーであり、後生まで語り継がれなければならない。そう思わせるほど完成度の高いドキュメンタリーである。

この手のジャンルに興味がある人は、
とにかく今すぐ買って読め(借りるな)

この本の金銭的価値:1,890円以上(単行本当時の価格)。
10点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 高野秀行「世界のシワに夢を見ろ」感想。
エッセイ。2005年08月28日読了。
| トップページ | 高野秀行「幻獣ムベンベを追え」感想。
エッセイ。2005年08月31日読了。 »

△高木徹」カテゴリの記事

◇ノンフィクション」カテゴリの記事

☆私的10点満点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7697302

この記事へのトラックバック一覧です: 高木徹「戦争広告代理店」感想。
ドキュメンタリー。2005年08月30日読了。
:

« 高野秀行「世界のシワに夢を見ろ」感想。
エッセイ。2005年08月28日読了。
| トップページ | 高野秀行「幻獣ムベンベを追え」感想。
エッセイ。2005年08月31日読了。 »