« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

高木徹「戦争広告代理店」感想。
ドキュメンタリー。2005年08月30日読了。

戦争広告代理店
高木徹・たかぎとおる
講談社 2005/06出版 405p 15cm ISBN:4062750961 ¥650(税込)

ユーゴ紛争が起きていた時の報道では、
ボスニア・ヘルツェゴビナは被害者だった。
ユーゴスラビア(後の新ユーゴ、現セルビア・モンテネグロ)は加害者だった。

しかしそれは、アメリカの広告代理店が仕掛けたイメージ戦略に、世界中のマスコミが乗っかってしまった、言い方を変えれば騙されてしまったために出来上がった、現実とは異なるイメージだった。

丁寧な取材をベースに、客観的事実と主観的推論を上手く織り交ぜ、読者に一つの結論を提示する。これはまさしく第一級のドキュメンタリーであり、後生まで語り継がれなければならない。そう思わせるほど完成度の高いドキュメンタリーである。

この手のジャンルに興味がある人は、
とにかく今すぐ買って読め(借りるな)

この本の金銭的価値:1,890円以上(単行本当時の価格)。
10点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/29

高野秀行「世界のシワに夢を見ろ」感想。
エッセイ。2005年08月28日読了。

世界のシワに夢を見ろ!<br />
小学館 2005/09出版 191p 19cm ISBN:4093875812 ¥1,260(税込)


高野秀行という無茶な人辺境ライターを知ったのは、紀伊国屋BOOKWEBで他のエッセイストの紀行文を探していたときに、関連図書リンクで出てきたからだったと思う。それで何気なく買ったのがこの本。

まあ笑いましたが、それほどすげえとは思わなかったのです。
内容が散漫で、一つ一つのエピソードが薄いのです。
この程度の経験を記している紀行文を書いているエッセイストはいっぱいいるぞ、と思ったのです。

この本の金銭的価値:1,000円以下にしたら高校生あたりも買いそうなのだが。
4点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

「誰でもわかる新会社法」感想。
ビジネス書。2005年08月23日読了。

誰でもわかる新会社法(超図解ビジネスmini) (改訂新版)
蓮見正純/六川浩明
エクスメディア 2005/10出版 210p 19cm ISBN:4872835514 ¥1,180(税込)


内容が散漫すぎて駄目。全然駄目。

この本の金銭的価値:10円。
0点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/23

酒井順子「観光の哀しみ」感想。
エッセイ。2005年08月22日読了。

観光の哀しみ
BookWebはこちら
 amazonはこちら
酒井順子・さかいじゅんこ・かんこうのかなしみ
新潮社 2003/07出版 303p 16cm ISBN:4101351163 ¥500(税込)


エッセイというよりネタとでも言いたくなるような話が満載である。着眼点が素晴らしい。男にはかけないエッセイだな。翻って女という生き物について考えさせられた。

この本の金銭的価値:500円。
7点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/19

博報堂「ついこの店で買ってしまう理由」感想。
ビジネス書。2005年08月18日読了。

ついこの店で買ってしまう理由(わけ)
BookWebはこちら
 amazonはこちら
博報堂
日本経済新聞社 2005/07出版 204p 19cm ISBN:4532311616 ¥1,575(税込)


いくつか興味深いエピソード(分析)も載っているが、大半は「あっ、そう」レベルの話ばかり。しかも文字が大きく、大して役に立っていないイラスト満載のため、ページ数の割りには中身が異様に薄っぺらく感じる。

この本の金銭的価値:500円。
3点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗本薫「グインサーガ103 ヤーンの朝」感想。
ファンタジー。2005年08月18日読了。

ヤーンの朝 グイン・サーガ103
栗本薫
早川書房 2005/08出版 318p 16cm ISBN:4150308071 ¥567(税込)

うーん、私が生きている間に完結するのだろうか。
というか栗本薫は完結させる気があるのだろうか。

6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

中村靖彦「ウォーター・ビジネス」感想。
ドキュメンタリー。2005年08月16日読了。

ウォータービジネス
中村靖彦・なかむらやすひこ
岩波書店 2004/02出版 243p 18cm ISBN:400430878X ¥819(税込)

水に関する興味深いエピソードが満載である。
水は誰の物か、難しい問題だ。
地球上の水分量は不変である、気づかなかった。

この本の金銭的価値:819円。
9点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/14

小林紀晴「アジアン・ジャパニーズ2」感想。
紀行文。2005年08月13日読了。

アジアン・ジャパニーズ2
BookWebはこちら
 amazonはこちら
小林紀晴・こばやしきせい・あじあんじゃぱにーず
新潮社 2005/02出版 405p 16cm ISBN:4101439222 ¥660(税込)


この作者にフランスは似合わないと思った。しかし、自分の言葉で文章を書くことができる人が、旅を通して人との出会いを通して感じた事を書き綴るとき、場所など関係ないのだと判った。そのストレートな想いは、読む者に何かを考えさせる力を持っている。こういう旅を、こういう出会いをしてみたい。

この本の金銭的価値:660円。
6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/12

島田陽介「ウォルマートはほんとうに脅威か」感想。
ビジネス書。2005年08月11日読了。

ウォルマートはほんとうに脅威か 俗説と誤解だらけのその実力
BookWebはこちら
 amazonはこちら
島田陽介・しまだようすけ・うぉるまーとはほんとうにきょういか
ダイヤモンド社 2003/01出版 234p 20cm ISBN:4478502110 ¥1,890(税込)


良い内容だ。だが文章が下手だ。誰か文章のうまい奴に代筆させりゃ、もっと良い本になったと思う。惜しい。

この本の金銭的価値:1,470円で売れ。
5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

エリック・シュローサー「ファストフードと狂牛病」感想。
キュメンタリー。2005年08月08日読了。

ファストフードと狂牛病
BookWebはこちら
 amazonはこちら
エリック・シュローサー/楡井浩一・えりっくしゅろーさー・ふぁすとふーどときょうぎゅうびょう
草思社 2002/10出版 126p 19cm ISBN:4794211635 ¥998(税込)


期待のジャーナリスト/ドキュメンタリーライター、エリック・シュローサーの本。
....だったが。

「ファストフードが世界を食いつくす」で書いた内容に、狂牛病の話を少し付け加えただけのダメダメ本。本作は失望。次作に期待する。

この本の金銭的価値:400円。
3点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/08

宮部みゆき「孤宿の人・下」感想。
時代小説。2005年08月07日読了。

孤宿の人 下
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき・みやべみゆき・こしゅくのひと
新人物往来社 2005/06出版 423p 20cm ISBN:4404032587 ¥1,890(税込)


うーん、どうだろう、結末すっきりしないなあ。
人が死にすぎだ。だから後味がすっきりしない。

この本の金銭的価値:上下で3,000円にして欲しいものです。
5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

遠藤昭夫「モザンビークの青い空」感想。
エッセイ。2005年08月02日読了。

モザンビークの青い空
遠藤昭夫・えんどうあきお
出窓社 2002/08出版 261p 19cm ISBN:4931178405 ¥1,680(税込)

二度の離婚をした後、何のアテもないのにアフリカのモザンビークに単身渡り、手探りで商売を始め、失敗しながら何とか商売を軌道に乗せ、モザンビーク人の子どもを養子として引き取り、育て、商売を続ける、そういうエッセイ。
商売をするにしても、何でモザンビークなんだ?と思ってしまうが、本文を読めばその疑問の回答がちゃんとある。
意外と面白かった。

この本の金銭的価値:1,680円。
7点/10点満点

※この本に出てくるアフリカの国:モザンビーク人民共和国

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »