« 栗本薫「グインサーガ104 湖畔のマリニア」感想。
ファンタジー。2005年10月13日読了。
| トップページ | 高野秀行「異国トーキョー漂流記」感想。
エッセイ。2005年10月17日読了。 »

2005/10/16

高野秀行「極楽タイ暮らし」感想。
エッセイ。2005年10月15日読了。

楽タイ暮らし 「微笑みの国」のとんでもないヒミツ
ベストセラーズ 2000/10出版 299p 15cm ISBN:458430677X ¥630(税込)


高野秀行の原点ここにあり、ってな内容で面白く読みました。
しかし高野秀行も毒舌だね。タイ人をバカにしているとしか思えないところが随所にある。タイに暮らしたことがある者でなければ書けないことなのだろうが。
でもそれが人種差別に結びつかないところが、高野ほんわか文章のなせる技なのだろうなあ。

でもね、他の高野本と比べると、高野の苦労が少ない分だけ読者は拍子抜け。普通のエッセイでは高野ファンは納得してくれないのでしょう。かわいそうに、苦労体験型辺境ライターという業を背負ってしまっているのですね。

この本の金銭的価値:630円。
5点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 栗本薫「グインサーガ104 湖畔のマリニア」感想。
ファンタジー。2005年10月13日読了。
| トップページ | 高野秀行「異国トーキョー漂流記」感想。
エッセイ。2005年10月17日読了。 »

△高野秀行」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7697313

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行「極楽タイ暮らし」感想。
エッセイ。2005年10月15日読了。
:

« 栗本薫「グインサーガ104 湖畔のマリニア」感想。
ファンタジー。2005年10月13日読了。
| トップページ | 高野秀行「異国トーキョー漂流記」感想。
エッセイ。2005年10月17日読了。 »