« 三村雄太「平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!」怒評。
2005年12月17日怒了。
| トップページ | 赤瀬川原平「新解さんの謎」感想。
エッセイ。1996年頃読了。 »

2005/12/19

平田伊都子・川名生十「カダフィ正伝」感想。
ドキュメンタリー。1990年頃読了。

カダフィ正伝
平田伊都子著・川名生十写真
集英社 1990/11出版 323p 20cmX14cm ISBN:4087801373 ¥1,835(税込)

アメリカから目の敵にされているリビアのカダフィ大佐の半生を追ったドキュメンタリー。
私がこのテの本を好んで読むようになるきっかけとなった本である。
カダフィが著した有名な革命書「緑の書」は2005年12月現在、入手可能である(緑の書では実際の読みに近いカッザーフィ名義)

本書は、1969年のリビア無血革命のリアルなドキュメントから始まり、カダフィの幼少時代、革命にとりつかれ始めた高校時代、英国留学時代、そしてアメリカに戦いを挑むようになった現在、それらを時折カダフィ本人へのインタビューを織り交ぜながら構成されている。圧巻である。
本書に出てくるカダフィは、その生き様に理念が溢れている。行動力もある。指導力もある。エネルギッシュな人物像は、とても世界中にケンカを売っている男には思えない。現実の存在としてのカダフィがそういう人物であるのか、それともアラブ寄りの作者平田が作った人物像なのか、どちらかは判らない。
カダフィはリビアの利益のため、アフリカの紛争貧国に数々の武器供与を行っていると聞く。カダフィにとっての正義とは自国民を守ることであり、自国民以外とくに先進諸国民は取るに足らない存在なのだろうか。本書の出版から幾年月が流れている。私は、今のカダフィを知りたい。この本の続編を期待したい。

この本は私の(世の中に対する)考え方を変えた。
人生の中で最も影響を受けた本を挙げるとするならば、この本だ。

この本の金銭的価値:私の中では∞円。
10点/10点満点

※2005年12月19日記し、2006年02月17日改訂。

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 三村雄太「平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!」怒評。
2005年12月17日怒了。
| トップページ | 赤瀬川原平「新解さんの謎」感想。
エッセイ。1996年頃読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇ノンフィクション」カテゴリの記事

◇世界についての本」カテゴリの記事

☆私的10点満点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7818820

この記事へのトラックバック一覧です: 平田伊都子・川名生十「カダフィ正伝」感想。
ドキュメンタリー。1990年頃読了。
:

« 三村雄太「平凡な大学生のボクがネット株で3億円稼いだ秘術教えます!」怒評。
2005年12月17日怒了。
| トップページ | 赤瀬川原平「新解さんの謎」感想。
エッセイ。1996年頃読了。 »