« 平田伊都子・川名生十「カダフィ正伝」感想。
ドキュメンタリー。1990年頃読了。
| トップページ | 逢坂剛「暗い国境線」感想。
イベリアシリーズ4。2005年12月22日読了。 »

2005/12/23

赤瀬川原平「新解さんの謎」感想。
エッセイ。1996年頃読了。

新解さんの謎
BookWebはこちら
 amazonはこちら
赤瀬川原平
文藝春秋 1996/07出版 261p 19cm ISBN:4163517901 ¥1,631(税込)

タモリがメインパーソナリティとなっているテレビ番組「ジャポニカ・ロゴス」(フジテレビ系列)というのがある。
その中のネタで、新明解国語辞典が面白い、というコーナーがある。その元ネタとなっている本だ。
新明解国語辞典が面白い本であるというこを見出し、世に出した本。当時のお笑い好きの間では相当な評判になった。評判になったのは一過性なのかと思っていたが、この本が出版された9年後の今、テレビでは正しい日本語がブームとなっている。世の中わからないものだ。

この本、笑うこと請け合い。

7点/10点満点

※2005年12月23日記す。

|

« 平田伊都子・川名生十「カダフィ正伝」感想。
ドキュメンタリー。1990年頃読了。
| トップページ | 逢坂剛「暗い国境線」感想。
イベリアシリーズ4。2005年12月22日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/7786848

この記事へのトラックバック一覧です: 赤瀬川原平「新解さんの謎」感想。
エッセイ。1996年頃読了。
:

« 平田伊都子・川名生十「カダフィ正伝」感想。
ドキュメンタリー。1990年頃読了。
| トップページ | 逢坂剛「暗い国境線」感想。
イベリアシリーズ4。2005年12月22日読了。 »