« 牛若丸の本「MUTTONISMO」紹介
装丁がスバラシイ本
| トップページ | 溝口敦「パチンコ30兆円の闇」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月09日読了。 »

2006/01/09

大竹愼一「日経平均4000円時代が来る」感想。
ビジネス書。2006年01月06日読了。

日経平均4000円時代が来る
BookWebはこちら
 amazonはこちら
大竹慎一
フォレスト出版 2005/05出版 246p 20cm ISBN:4894511940 ¥1,680(税込)

2012年から2015年に「日経平均4000円」となって日本の不況は大底を打つ、という作者の主張を書いた本。

だが、全く説得力がない。

この一冊の中で著者の主張に矛盾があったり、アホかお前、というバカ理論を堂々と主張していたり、まあ突っ込みどころ満載だが、こんな下らない本の感想に時間をかけるのはやめる。

ああ、無駄な時間を過ごしてしまった。

0点/10点満点

|

« 牛若丸の本「MUTTONISMO」紹介
装丁がスバラシイ本
| トップページ | 溝口敦「パチンコ30兆円の闇」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月09日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

★惚れ惚れするほどの駄作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/8082609

この記事へのトラックバック一覧です: 大竹愼一「日経平均4000円時代が来る」感想。
ビジネス書。2006年01月06日読了。
:

« 牛若丸の本「MUTTONISMO」紹介
装丁がスバラシイ本
| トップページ | 溝口敦「パチンコ30兆円の闇」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月09日読了。 »