« 国末憲人「自爆テロリストの正体」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月25日読了。
| トップページ | ページエラーが発生してました »

2006/01/30

クリス・ヘッジス「本当の戦争」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月30日読了。

本当の戦争
クリス・ヘッジズ/伏見威蕃
集英社 2004/06出版 221p 20cm ISBN:4087734102 ¥1,890(税込)

戦争および米国軍をテーマにした雑学本。
・米軍では休暇は何日もらえますか。
・地雷を踏んだらどうなりますか。
・化学兵器はどれほど有効なのですか。
・戦死したらどこに埋葬されるのでしょうか。
等々、マニアックな雑学が437個。
雑学の題材は可もなく不可もなく、しかし本として面白いかというとさほど面白いわけでもなく、興味が湧くかというと米軍の話だからまあそこそこそれなりの興味があるかなあという程度で、まあ何だろう、日本じゃたぶん売れないよな。

本書の金銭的価値:1,890円は明らかに高い。
2点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 国末憲人「自爆テロリストの正体」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月25日読了。
| トップページ | ページエラーが発生してました »

◇ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリス・ヘッジス「本当の戦争」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月30日読了。
:

« 国末憲人「自爆テロリストの正体」感想。
ドキュメンタリー。2006年01月25日読了。
| トップページ | ページエラーが発生してました »