« 「任意の点P」紹介。
レンズ付き3Dイラストブック。
| トップページ | 「PAPER IN DESIGN」紹介。
紙を紹介する本 »

2006/01/06

宣伝会議編「紙とコスト」紹介。
装丁がスバラシイ本

紙とコスト
宣伝会議 2003/10出版 141p 26cm ISBN:4883350932 ¥2,520(税込)

とにかく装丁がスバラシイのです。

シンプルかつ大胆かつ洗練された表紙と帯。
装丁デザインの一つの頂点ではないかと思う。(奥付によると装幀:木下勝弘氏とある)

内容もそれなりに充実しており、奥付には本書に使用されている紙の種類が全て掲載されている。買ってから2年以上経っていると思うのだが、未だ紙は日焼けせず、美本状態のまま。

本好き、装丁好き、紙好きな人たちが、寄って集って採算度外視で作った本、そんな印象を受けます。値段に見合った価値ある本です。

8点/10点満点


amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 「任意の点P」紹介。
レンズ付き3Dイラストブック。
| トップページ | 「PAPER IN DESIGN」紹介。
紙を紹介する本 »

◎美術書・アートブック」カテゴリの記事

☆装丁がスバラシイ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宣伝会議編「紙とコスト」紹介。
装丁がスバラシイ本
:

« 「任意の点P」紹介。
レンズ付き3Dイラストブック。
| トップページ | 「PAPER IN DESIGN」紹介。
紙を紹介する本 »