« 渡辺良重・内田也哉子「BROOCH・ブローチ」紹介。
絵本。
| トップページ | 宣伝会議編「紙とコスト」紹介。
装丁がスバラシイ本 »

2006/01/06

「任意の点P」紹介。
レンズ付き3Dイラストブック。

任意の点P
慶応義塾大学/中村至男
美術出版社 2003/04出版 1冊(ペ 20cm ISBN:456850256X ¥2,625(税込)

本にはこんな活用方法があったのね、と唸ってしまう装丁の本。

本書の表紙に、かなりしっかりしたプラスチックレンズが2枚埋め込まれており、その2枚のレンズを通して本書のイラストを見ると、あら不思議、イラストが全て3D映像になってしまうのです。

3D化されたイラストの驚きは、ステレオグラムとか、目が良くなる3Dイラストとかと大差はないのだけど、目を凝らさなくても3Dに見えちゃう(しかも焦点距離が正確だから、誰でも簡単に)のは画期的アイデア。

そのうち気が向いたときに本書の 読み方を写真に撮ります。

8点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 渡辺良重・内田也哉子「BROOCH・ブローチ」紹介。
絵本。
| トップページ | 宣伝会議編「紙とコスト」紹介。
装丁がスバラシイ本 »

◎美術書・アートブック」カテゴリの記事

☆装丁がスバラシイ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「任意の点P」紹介。
レンズ付き3Dイラストブック。
:

« 渡辺良重・内田也哉子「BROOCH・ブローチ」紹介。
絵本。
| トップページ | 宣伝会議編「紙とコスト」紹介。
装丁がスバラシイ本 »