« 渡辺仁「起業バカ2」感想。
ビジネス書。2006年01月09日読了。
| トップページ | 響堂新「白魔の湖」感想。
SF小説。2006年01月12日読了。 »

2006/01/10

鹿砦社代表・松岡利康 未だ拘留中

パチスロメーカーのアルゼに敢然と喧嘩を売っていた鹿砦社(ろくさいしゃ)の社長・松岡利康が名誉毀損で逮捕された。2005年7月12日に起こったこの事件は、松岡のアルゼ告発本を全部読んできた私に強い衝撃を与えた。アルゼの社長は警察庁出身の元参議院議員である。

昨日、パチンコ「30兆円の闇」という本を読んだせいか、この事件がどうなっているのか調べてみたら、何と、松岡は未だ拘留中であるという。保釈申請が認められないらしいが、これは異常だ。逮捕だけでも十分異常なのに、半年も拘留とは常軌を逸している。

しかし、なぜ大手マスコミはこの事件に触れないのだろうか。この事件の決着次第では、マスコミは大打撃を受けるというのに。(松岡は無罪になるまで争うだろうから、相当時間がかかると思うが)


鹿砦社代表・松岡利康のアルゼ告発本(既刊4冊)

アルゼ王国地獄への道 アルゼ王国の闇4
BookWebはこちら
 amazonはこちら
鹿砦社 2005/03出版 254p 20cm ISBN:4846305937 ¥1,470(税込)
※アルゼの子会社セタの幹部が、パチンコの貸し玉機にだけ使える貨幣もどきを用いて、ライバル会社を蹴落とす、と言うような内容が中心。だが4冊目ともなると、さすがにキレがなくなってきている。

アルゼ王国の崩壊 アルゼ王国の闇3
BookWebはこちら
 amazonはこちら
鹿砦社 2004/03出版 219p 20cm ISBN:4846305511 ¥1,470(税込)
※アルゼと松竹が訴訟沙汰になっていた、という暴露話が中心。

アルゼ王国はスキャンダルの総合商社 続・アルゼ王国の闇
BookWebはこちら
 amazonはこちら
鹿砦社 2003/09出版 222p 20cm ISBN:4846305236 ¥1,470(税込) 入手不可
※この本は、アルゼから出版差し止めの申し出が受理されたため、通常では入手不可である。が、発売当日に取り次ぎに相当卸したみたいで、amazonのユーズドとかで楽々入手可能。
※アルゼの元取締役ホステス及川麻子の傍若無人ぶりなどが載っていた、と記憶。

アルゼ王国の闇 巨大アミューズメント業界の裏側
BookWebはこちら
 amazonはこちら
鹿砦社 2003/04出版 183p 20cm ISBN:4846304981 ¥1,470(税込)
※アルゼがゲームメーカーSNKを事実上乗っ取った後、SNKをぶっ潰した顛末が書かれている。アルゼの脇の甘さに大笑い。

|

« 渡辺仁「起業バカ2」感想。
ビジネス書。2006年01月09日読了。
| トップページ | 響堂新「白魔の湖」感想。
SF小説。2006年01月12日読了。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿砦社代表・松岡利康 未だ拘留中:

« 渡辺仁「起業バカ2」感想。
ビジネス書。2006年01月09日読了。
| トップページ | 響堂新「白魔の湖」感想。
SF小説。2006年01月12日読了。 »