« 栗本薫「グインサーガ106 ボルボロスの追跡」感想。
ファンタジー。2006年02月14日読了。
| トップページ | 大沢在昌「魔女の笑窪」感想。
冒険小説。2006年02月15日読了。 »

2006/02/15

門倉貴史「手にとるようにわかるインド」感想。
ビジネス本。2006年02月14日読了。

手にとるようにわかる インド
かんき出版 2005/12出版 219p 19cm ISBN:4761263059 ¥1,470(税込)

インドの地理、経済、政治などについて、判りやすく説明した本。
NYSEやNASDAQに上場されているインド企業ADRに投資するための、インドリスクを知るための本として買ったが、データが豊富で、本文も読みやすくかつ判りやすく、イラストも効果的な使い方をしており、なかなか面白かった。
投資云々ではなく単に今のインドを知るのに十分役に立つ。

この著者の著作を調べたら、「日本の地下経済」いう本があり、2003年に既読だった。最近ではBRICs本とか書くようになってきたみたいだけど、作風変えたのかね。

7点/10点満点

amazonはこちら

|

« 栗本薫「グインサーガ106 ボルボロスの追跡」感想。
ファンタジー。2006年02月14日読了。
| トップページ | 大沢在昌「魔女の笑窪」感想。
冒険小説。2006年02月15日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/8666644

この記事へのトラックバック一覧です: 門倉貴史「手にとるようにわかるインド」感想。
ビジネス本。2006年02月14日読了。
:

« 栗本薫「グインサーガ106 ボルボロスの追跡」感想。
ファンタジー。2006年02月14日読了。
| トップページ | 大沢在昌「魔女の笑窪」感想。
冒険小説。2006年02月15日読了。 »