« 2006年07月13日。旅行先を決める。
初のアフリカ、ケニア10日間旅行記(4)
| トップページ | 平成暮らしの研究会編「海外旅行の裏ワザ本」感想。
雑学本の一種か。2006年07月12日読了。 »

2006/07/14

マハティール・モハマド「立ち上がれ日本人」感想。
啓蒙書。2006年07月10日読了。

立ち上がれ日本人
マハティール・ビン・モハマド/加藤暁子 /新潮社 2003/12出版 187p 18cm ISBN:4106100452 ¥714(税込)

マハティール・マレーシア前首相が、日本国民に向かって書いた本である。

「私は、そして私たちマレーシア国民は、戦後の焼け野原から世界第2位の経済大国になった日本という国を見習い、日本を目標にしている。今の日本はいつまでアメリカのいいなりになるのか。日本人よ、自信を取り戻せ」そういう内容である。

名前しか知らなかったマハティール前首相。

国際会議の場でアメリカを批判できる男、マハティール。
自国の選挙民の大多数を、賢明ではない、と言い切れる男、マハティール。
日本は戦争の贖罪意識から解放されるべきだ、と言い切る男、マハティール。
中国におびえるな、と言い切る男、マハティール。

ううむ、アジアにこのような凄い指導者がいたのか。知らなかった。何というか、知らなかったことが情けない。国際政治はまだまだ奥が深いなあ。もっともっと知りたい。

7点/10点満点


amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 2006年07月13日。旅行先を決める。
初のアフリカ、ケニア10日間旅行記(4)
| トップページ | 平成暮らしの研究会編「海外旅行の裏ワザ本」感想。
雑学本の一種か。2006年07月12日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/10926650

この記事へのトラックバック一覧です: マハティール・モハマド「立ち上がれ日本人」感想。
啓蒙書。2006年07月10日読了。
:

« 2006年07月13日。旅行先を決める。
初のアフリカ、ケニア10日間旅行記(4)
| トップページ | 平成暮らしの研究会編「海外旅行の裏ワザ本」感想。
雑学本の一種か。2006年07月12日読了。 »