« 浅田次郎「中原の虹 第一巻」感想。
歴史小説。2006年11月28日読了。
| トップページ | 「TV'S HIGH」(珍しくテレビ番組の)感想。
コメディ。2006年12月3日鑑賞。 »

2006/11/29

黒田勝弘「"日本離れ"できない韓国」感想。
エッセイ(?)。2006年11月29日読了。

“日本離れ”できない韓国
黒田勝弘 /文藝春秋 2006/07出版 221p 18cm ISBN:416660516X ¥787(税込)

タイトル通りの内容。

韓国は日本にくだらないことでイチャモン付けるけど、それって日本の歓心を引きたいから。
第二次世界大戦後、日本になびいた韓国は発展し、反日を徹底した北朝鮮は没落した。
というような著者の考えが書かれている。

この本は、共同通信の記者として韓国に25年住んでいる著者が、住んでいるからこそ見えてくる韓国の事実から導き出した、”韓国は日本離れができない”という著者の考えを、歴史的背景をひもときながら書いている。個人的には、全面的に共感するまでに至らず。

「嫌韓流」のようなつくりではあるが、長年韓国に住み特派員をやっている著者が書いているので、嫌韓流よりは重みがある。


しかしまあ韓国って国はどうしようもないなあ、こういう本を読むとつくづく思う(韓国人はまともなのに、国が変)


5点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 浅田次郎「中原の虹 第一巻」感想。
歴史小説。2006年11月28日読了。
| トップページ | 「TV'S HIGH」(珍しくテレビ番組の)感想。
コメディ。2006年12月3日鑑賞。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/12866657

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田勝弘「"日本離れ"できない韓国」感想。
エッセイ(?)。2006年11月29日読了。
:

« 浅田次郎「中原の虹 第一巻」感想。
歴史小説。2006年11月28日読了。
| トップページ | 「TV'S HIGH」(珍しくテレビ番組の)感想。
コメディ。2006年12月3日鑑賞。 »