« 岡崎大五「添乗員奮戦記」感想。
紀行文。2007年04月20日読了。
| トップページ | 岡崎大五「添乗員狂騒曲」感想。
紀行文。2007年04月23日読了。 »

2007/04/24

小栗左多里・トニーラズロ「イタリアで大の字」感想。
紀行マンガ。2007年04月22日読了。

イタリアで大の字
小栗左多里/トニー・ラズロ /ヴィレッジブックス(ソニー・マガジンズ) 2007/04出版 165p 21cm ISBN:9784789730174 ¥1,155(税込)


何のためにイタリアに行って、いろんな都市でいろんな体験をしているのか、イマイチ目的がよく判らない。なので、とっ散らかった印象を受けてしまう。

「ハワイで大の字」の時も同じような感想を抱いたので、まあ、こういうコンセプトのマンガなんだろうなあ。


3点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 岡崎大五「添乗員奮戦記」感想。
紀行文。2007年04月20日読了。
| トップページ | 岡崎大五「添乗員狂騒曲」感想。
紀行文。2007年04月23日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/14827168

この記事へのトラックバック一覧です: 小栗左多里・トニーラズロ「イタリアで大の字」感想。
紀行マンガ。2007年04月22日読了。
:

« 岡崎大五「添乗員奮戦記」感想。
紀行文。2007年04月20日読了。
| トップページ | 岡崎大五「添乗員狂騒曲」感想。
紀行文。2007年04月23日読了。 »