« 中谷美紀「インド旅行記1・北インド編」感想
紀行文。2007年04月23日読了。
| トップページ | 清川妙「八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅」感想。
エッセイ。2007年04月26日読了。 »

2007/04/25

ロバート・ハリス「エグザイルス」感想。
エッセイ。2007年04月25日読了。

エグザイルス(放浪者たち)―すべての旅は自分へとつながっている
ロバート・ハリス /講談社 2000/01出版 321p 15cm ISBN:9784062564076 ¥714(税込)

概要(紀伊国屋BookWeb一部加)
誰にも束縛されることなく、自分の好きな道を歩きたい。
社会が敷くレールの上を往復する人生なんて送りたくない―時代はヒッピー文化が台頭した1960年代、「自分の可能性」を求め、日本を飛び出した若者がいた。
ヨーロッパ、インド、中東、バリ島、オーストラリア…世界中を旅しながら、「自分」に辿り着くまでの心の軌跡がここにある。
人生を嘆き、落ち込んでいる人をめざめさせる感動の一冊。

著者ロバート・ハリスは1948年生まれ、イギリス人の祖父を持つクオーターの日本人。




この本の単行本が出版されたのは1997年で、もう10年も前のこと。
その頃に読んでいたら違った感想になったかも知れないが、普通の日本人的道徳観をもつ単なる中年になった今の私には、麻薬中毒患者の下らない独白本としか思えない。


2点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 中谷美紀「インド旅行記1・北インド編」感想
紀行文。2007年04月23日読了。
| トップページ | 清川妙「八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅」感想。
エッセイ。2007年04月26日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/14842968

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・ハリス「エグザイルス」感想。
エッセイ。2007年04月25日読了。
:

« 中谷美紀「インド旅行記1・北インド編」感想
紀行文。2007年04月23日読了。
| トップページ | 清川妙「八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅」感想。
エッセイ。2007年04月26日読了。 »