« 岡崎大五「添乗員世界遺産旅がらす」感想。
紀行文。2007年04月27日読了。
| トップページ | 映画「ナイロビの蜂」感想。
社会派ミステリ映画。2007年04月29日鑑賞。 »

2007/05/01

蔵前仁一「各駅停車で行こう」感想。
紀行文。2007年04月29日読了。

各駅停車で行こう
蔵前仁一 /旅行人 1998/12出版 238p 19cm ISBN:9784947702166 ¥1,470(税込)

雑誌「旅行人」の最新号に、本書の広告が載っていた。蔵前仁一の本はほとんど読んだと思ったけど、この本は読んだ記憶がないし、実際本棚にも存在しなかったので、ああこれは読み逃していたのだな、と思っていつものように紀伊国屋bookwebに注文した。

で、届いたので読んでみたら、む?読んだことがあるエピソードばかりだぞ。

どうにも読んだことがあると思って蔵前仁一の文庫をざっと読み直したら、ああなんということでしょう、本書(単行本)は、幻冬舎文庫から出ている「いつも旅のことばかり考えていた」の元本でした。


「いつも旅のことばかり考えていた」のあと書きによると、「各駅停車で行こう」というタイトルが鉄道関連本だと勘違いしてしまった、という読者のクレームがあったので、文庫化に当たってタイトルを変えたそうだ。だったら元本となる本書を絶版にして欲しかったよ、といいたいところだけど、旅行人のような小さな出版社は断裁なんて悲しい処分はそう簡単にはできんのだろうなあ。棚卸の問題とかあるし。


そういうことなので本書は再読になるのだが、再読であるけれどもいつもの蔵前本と同じく楽しめたので、まあいいか。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 岡崎大五「添乗員世界遺産旅がらす」感想。
紀行文。2007年04月27日読了。
| トップページ | 映画「ナイロビの蜂」感想。
社会派ミステリ映画。2007年04月29日鑑賞。 »

△蔵前仁一」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/14901870

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵前仁一「各駅停車で行こう」感想。
紀行文。2007年04月29日読了。
:

« 岡崎大五「添乗員世界遺産旅がらす」感想。
紀行文。2007年04月27日読了。
| トップページ | 映画「ナイロビの蜂」感想。
社会派ミステリ映画。2007年04月29日鑑賞。 »