« 岡崎大五「添乗員疾風録」感想。
紀行文。2007年05月03日読了。
| トップページ | 岡崎大五「バンコク危機一髪」感想。
紀行文調の小説。2007年05月08日読了。 »

2007/05/08

岡崎大五「添乗員漂流記」感想。
紀行文。2007年05月07日読了。

添乗員漂流記
岡崎大五 /角川書店(角川グループパブリッシング) 2006/07出版 317p 15cm ISBN:9784043654079 ¥579(税込)


私が紀行文を好んで読むのは、旅という比較的平和な日々の中で起きるドタバタが面白く、よほどひどい紀行文でない限り、読んでいてイライラすることもむかつくこともあまりなく、まあ要するに穏やかに読書を楽しめるのである。今年は生活の中でイライラすることが多く、読書くらいはイライラしない本を多めに読もう、と意識してお気楽な本を多めに読んでいる。

ここ1ヶ月で読みまくった岡崎大五の他書は、平和なツアー客の平和なぼけっぷりが面白かったのだけれど、この本では本格的に変な人が出てきたように感じ、今までの岡崎他書とはちょっと傾向が違うのかなあ、と思う。


5点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 岡崎大五「添乗員疾風録」感想。
紀行文。2007年05月03日読了。
| トップページ | 岡崎大五「バンコク危機一髪」感想。
紀行文調の小説。2007年05月08日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/14993041

この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎大五「添乗員漂流記」感想。
紀行文。2007年05月07日読了。
:

« 岡崎大五「添乗員疾風録」感想。
紀行文。2007年05月03日読了。
| トップページ | 岡崎大五「バンコク危機一髪」感想。
紀行文調の小説。2007年05月08日読了。 »