« 朝日新聞社報道特別チーム「偽装請負」感想。
新書。2007年06月11日読了。
| トップページ | 金原ひとみ「アッシュベイビー」感想。
純文学。2007年06月13日読了。 »

2007/06/14

島田紳助「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」感想。
新書。2007年06月12日読了。

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

本書の内容(紀伊国屋BookWebより)
僕はタレントとしての成功が偶然ではないことを証明するために、そして、現在の僕のアイデアが世間に通用するかを実験するためにビジネスをしている。金儲けが目的ではないから常に冷静沈着で、判断が鈍ったり目が狂うこともない。店が成功するたびに、僕は自分に呟く。「ほらな、俺は間違ってなかったやろ」と―。25年以上も前から自らの手で幾つものビジネスを起こし、未だに一度も失敗したことがない著者が明らかにする、全業種に応用可能な経営哲学。

タレント活動のかたわら、25年も前から飲食店をはじめ幾つものビジネスを起こし、いまだに一度も失敗したことがないという著者、島田紳助。その全勝記録の背景には、徹底した思考・研究に裏打ちされた独自の”成功の法則”があった! 素人だからこその非常識を実現化する魔法のアイデア構築法、従業員満足度を高める経営者の心構え、客との心理戦に負けない必勝戦略など、稀代の天才が初めて明かす、不世出の経営哲学書。




本書はビジネス書じゃなくてエッセイ。

日本的な商売を行うのであれば、かなり役立つ本。

新たなスキームを構築し、斬新なビジネスモデルで経済界に打って出るには、あまり役に立たない本。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 朝日新聞社報道特別チーム「偽装請負」感想。
新書。2007年06月11日読了。
| トップページ | 金原ひとみ「アッシュベイビー」感想。
純文学。2007年06月13日読了。 »

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/15429741

この記事へのトラックバック一覧です: 島田紳助「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」感想。
新書。2007年06月12日読了。
:

« 朝日新聞社報道特別チーム「偽装請負」感想。
新書。2007年06月11日読了。
| トップページ | 金原ひとみ「アッシュベイビー」感想。
純文学。2007年06月13日読了。 »