« 栗本薫「グインサーガ外伝21 鏡の国の戦士」感想。
ファンタジー。2007年07月18日読了。
| トップページ | 神林長平「敵は海賊・正義の眼」感想。
SF小説。2007年07月25日読了。 »

2007/07/26

高野秀行「怪獣記」感想。
怪獣探索ドキュメント。2007年07月24日読了。

怪獣記
高野秀行 /講談社 2007/07出版 281p 19cm ISBN:9784062140775 ¥1,575(税込)


何気なく本屋に行ったら、「怪獣記」なる珍妙なタイトルの本が、結構目立つ位置に平積みされていた。まるで高野秀行の本のタイトルみたいだなあ、と思って手に取ったら本当に高野秀行の本だった。

1年暗い前までは、高野秀行の本が本屋に置いてあること自体少なかったのに、今じゃ目立つ位置に平積みですか。そういや「ワセダ三畳青春記」はあちこちの本屋(の文庫コーナー)で平積みされているよなあ。今の出版界では売れている方に入るんだろうなあ。


さて本書は「未知の生物=UMA」が大好きな高野秀行が、トルコのワン湖(琵琶湖より大きい)に住むジャナワールというUMAを探しに行く話。誰にも知られていないUMAを探す殊が大好きな高野秀行。はじめは既に知られているUMAであるジャナワール探しに乗り気じゃなかったけど、トルコの大学教授が書いた真面目なジャナワール研究書を見つけてから俄然やる気になり、こうなったらトルコにひとっ飛びだ!

森清氏の撮った写真が多数掲載されているが、本文とはあまり関連性が無さそうに見え、なんだか写真がミスマッチだよなあ、と思いつつも読了。巻末を観たら写真の説明が全部載っていて、うおっ、本文とこういうつながりがあったのか! ちょっと驚いた。


高野好きにはたまらない本です。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 栗本薫「グインサーガ外伝21 鏡の国の戦士」感想。
ファンタジー。2007年07月18日読了。
| トップページ | 神林長平「敵は海賊・正義の眼」感想。
SF小説。2007年07月25日読了。 »

△高野秀行」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/15906111

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行「怪獣記」感想。
怪獣探索ドキュメント。2007年07月24日読了。
:

« 栗本薫「グインサーガ外伝21 鏡の国の戦士」感想。
ファンタジー。2007年07月18日読了。
| トップページ | 神林長平「敵は海賊・正義の眼」感想。
SF小説。2007年07月25日読了。 »