« のり・たまみ「2階でブタは飼うな」感想。
雑学本。2007年07月26日読了。
| トップページ | 造事務所【世界がわかる「地図帳」】感想。
雑学本。2007年07月29日読了。 »

2007/07/28

栄陽子「留学で人生を棒に振る日本人」感想。
新書。2007年07月26日読了。

留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇
栄陽子 /扶桑社 2007/04出版 190p 18cm ISBN:9784594053444 ¥735(税込)

留学コーディネーターの著者曰く、正しく留学しないと人生を棒に振る。

適当な留学コーディネーターに半分だまされ、いざ留学してみたら"州立大学"という名のスパニッシュ向け職業訓練校だった、ホームステイ先が離婚したチャイニーズの女の家で実際は会話のない下宿だった、ワーキングホリデーで働き場所を斡旋してもらったら農場でこき使われただけだった、なんてことはよくありちっとも珍しくない、らしい。

そういう現実をふまえて、英語を喋るようになることよりも、何を喋るのか、その中身がだいじなのだ、考えて喋る能力が身についていないうちに留学したって、単に英語を喋れるだけのおバカちゃんになっちゃうよ、てなことを著者はいいたいのだろう。

易しくわかりやすく丁寧に書かれており、ただし同じ話が何度も繰り返されるのでちょっとくどいけど、なかなか考えさせられる内容で、良書といえるでしょう。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« のり・たまみ「2階でブタは飼うな」感想。
雑学本。2007年07月26日読了。
| トップページ | 造事務所【世界がわかる「地図帳」】感想。
雑学本。2007年07月29日読了。 »

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/15926880

この記事へのトラックバック一覧です: 栄陽子「留学で人生を棒に振る日本人」感想。
新書。2007年07月26日読了。
:

« のり・たまみ「2階でブタは飼うな」感想。
雑学本。2007年07月26日読了。
| トップページ | 造事務所【世界がわかる「地図帳」】感想。
雑学本。2007年07月29日読了。 »