« 映画「ブラッド・ダイアモンド」感想。
サスペンス。2007年09月30日鑑賞。
| トップページ | 宮田珠己「わたしの旅に何をする。」感想。
紀行エッセイ。2007年10月02日読了。 »

2007/10/08

高野秀行「怪魚ウモッカ格闘記」感想。
エンタメ・ノンフィクション。2007年10月01日読了。

怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道
高野秀行 /集英社 2007/09出版 331p 15cm ISBN:9784087462159 \599(税込)

7月に「怪獣記」を出したばかりの高野秀行の新刊。

あらすじ(紀伊国屋Bookwebより)
探し物中毒の著者は、ある日、インドの謎の怪魚ウモッカの情報を入手、「捕獲すれば世紀の大発見!」と勇み立つ。ルール無し、時間制限無しの戦いが始まった。次々と立ちふさがる困難を砕き、著者は進む。地元漁民の協力を仰ぐための現地語学習、捕獲した時の移送ルートや鑑定できる学者の確保。ついに怪魚探しの秘密兵器を手にインドへ。しかしそこには予想を超えた展開が!奇想爆走ノンフィクション。



ウモッカを探しにインドに行う、と高野秀行が自分のブログで発表したのは昨年末頃か。

実際にインドに向かったらしいが、ブログではトラブルらしきことが発生し、まだ現地に到着できていないと書かれていた。

そのことの顛末を記したのがこの本で、あまりの面白さに爆笑なのである。



その面白さを伝えたいのだけれども、肝心の面白い部分はネタバレになってしまうので、一文字も書けない。

うーむ、悔しいなあ。

8点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 映画「ブラッド・ダイアモンド」感想。
サスペンス。2007年09月30日鑑賞。
| トップページ | 宮田珠己「わたしの旅に何をする。」感想。
紀行エッセイ。2007年10月02日読了。 »

△高野秀行」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/16700488

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行「怪魚ウモッカ格闘記」感想。
エンタメ・ノンフィクション。2007年10月01日読了。
:

« 映画「ブラッド・ダイアモンド」感想。
サスペンス。2007年09月30日鑑賞。
| トップページ | 宮田珠己「わたしの旅に何をする。」感想。
紀行エッセイ。2007年10月02日読了。 »