« 高野秀行「怪魚ウモッカ格闘記」感想。
エンタメ・ノンフィクション。2007年10月01日読了。
| トップページ | 感謝 »

2007/10/08

宮田珠己「わたしの旅に何をする。」感想。
紀行エッセイ。2007年10月02日読了。

わたしの旅に何をする。
宮田珠己 /幻冬舎 2007/06出版 258p 15cm ISBN:9784344409712 \559(税込)

みやたたまき、通称タマキングという紀行作家さんだそうだ。

最近何カ所かのブログで褒めちぎられているのを読んだので、一冊くらい読んでみるか、と買ってみた。

本書の後書きを読んだら、雑誌「旅行人」に4年間連載されたコラムをまとめた本だそうだ。「旅行人」で4年も続いたのなら、旅好きからかなり受けたのだろう。独特のユーモアたっぷりに自己卑下する文章が、他の作家と一線を画している。なるほどなあ。


5点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 高野秀行「怪魚ウモッカ格闘記」感想。
エンタメ・ノンフィクション。2007年10月01日読了。
| トップページ | 感謝 »

△宮田珠己」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/16700748

この記事へのトラックバック一覧です: 宮田珠己「わたしの旅に何をする。」感想。
紀行エッセイ。2007年10月02日読了。
:

« 高野秀行「怪魚ウモッカ格闘記」感想。
エンタメ・ノンフィクション。2007年10月01日読了。
| トップページ | 感謝 »