« 酒井明司「ガスプロム」感想。
ユーラシア研究書。2008年01月19日読了。
| トップページ | ラシン編集部編「マレーシアでロングステイ」感想。
ロングステイ指南書。2008年01月22日読了。 »

2008/01/30

三橋貴明「トンデモ!韓国経済入門」感想。
韓国経済学習書。2007年01月21日読了。

トンデモ!韓国経済入門
三橋貴明 /PHP研究所 2008/01出版 221p 19cm ISBN:9784569696591 \999(税込)

この著者は昨年の夏に「本当はヤバイ!韓国経済」という本を上梓している。

本書は、「本当はヤバイ!韓国経済」と一部内容が重複しているが、それはそれ、この本はこの本で興味深く読めたのである。

韓国が半導体産業や液晶産業で、日本の数あるメーカーを追い抜き、一気に世界シェアナンバー1を奪ったのは有名だが、これは別段驚くようなことではなく、設備投資の思い切りとタイミングが良かっただけの話である。なぜ思い切りよい設備投資が出来たのかというと、1997年の韓国通貨危機で、財閥解体と外資の導入があったから。中途半端に世界シェアナンバー1になってしまった韓国企業は、バブル崩壊をようやく抜け出した底力のある日本企業に、強烈な巻き返しを食らうことになるだろうという予測も載っている。(この辺の話は、他のビジネス書でも多数指摘されている)


なんていう嫌韓流的な話が本書にはいっぱい載っているのである。

韓国企業にシェアナンバー1を奪われて"ちくしょう"と思っているビジネスマンは、本書を読んで溜飲を下げよう。(ま、別にこの本じゃなくても、韓国経済の脆弱さを指摘している本はいっぱいあるけどね)

6点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 酒井明司「ガスプロム」感想。
ユーラシア研究書。2008年01月19日読了。
| トップページ | ラシン編集部編「マレーシアでロングステイ」感想。
ロングステイ指南書。2008年01月22日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/17893366

この記事へのトラックバック一覧です: 三橋貴明「トンデモ!韓国経済入門」感想。
韓国経済学習書。2007年01月21日読了。
:

» 本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖 [義勇:日々多読]
韓国経済が危険な状態にあるのは、解ったが。アメリカの会社が資産を持ってる限りつぶすまで追い込むのかどうかな。一時期ワロス曲線とかが言われてるときがあったが今はどうなんでしょうか。円キャリーという、低金利政策だとか、日本の国債と保有資産については何度も聞い..... [続きを読む]

受信: 2008/02/01 21:32

» 日本を美化しすぎかも:トンデモ! 韓国経済入門 [本読みの記録]
トンデモ! 韓国経済入門 (PHP Paperbacks) (PHP Paperbacks)作者: 三橋 貴明出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2008/01/08メディア: ペーパーバック 現在金融危機に見舞われている韓国。 本書は韓国経済について述べたものだが、系統だって一本の物語になっているのではなく、いろいろな点について、韓国経済に対する報道を中心にまとめたものである。 いろいろと思うところがある本だが、それについては以下で述べたい。 ... [続きを読む]

受信: 2008/12/08 22:55

« 酒井明司「ガスプロム」感想。
ユーラシア研究書。2008年01月19日読了。
| トップページ | ラシン編集部編「マレーシアでロングステイ」感想。
ロングステイ指南書。2008年01月22日読了。 »