« 柴田明夫「エネルギー争奪戦争」感想。
ビジネス警鐘書。2007年12月21日読了。
| トップページ | 2007年の読書総括。145冊。最多記録更新。 »

2008/01/07

阿部俊之「日本人が知らなかったタイ株」感想。
株本。2007年12月26日読了。

日本人が知らなかったタイ株
阿部俊之 /翔泳社 2007/12出版 280p 21cm ISBN:9784798115467 \1,680(税込)

私は、ユナイテッドワードル証券で香港株の現物取引をしている。そのユナイテッドワールド証券では、10月下旬からタイ株のオンライントレードを始めた。

で、早速対株取引口座を開いたのだが、種銭がなく、なかなか取引を始められなかった。

12月にボーナスが出て、ようやく種銭が出来たのだが、さて銘柄は何を買おうかと悩んでいた……

話は逸れるが、チケットぴあの会社である「ぴあ」の株を持っていると、株主優待で年間10,000円の図書カードを貰える。その図書カードが届いたので財布に入れておいたのだが、ぶらりと本屋に行ったらこの本が置いてあったのだ。


本書の前半は、タイ株の取引云々というよりも、タイ経済そのものについての良質な解説書として読める。

タイの上場企業のうち、時価総額ナンバー1はタイ国営石油で、時価総額3兆円!

日本の東証1部に置き換えると20位台にランクされる。

すげえ、知らなかった。

というわけでボーナスを種銭にして、早速タイ株の現物買いを開始。

ただねえ、ユナイテッドワールド証券に20万入金したら、レートが1バーツ=3.8円くらいで換算されてしまって、実勢価格3.5円と比べたらなんだか偉く損した気分。しかも一取引の手数料が525バーツかかるので、単位株の価格が安くても、手数料をちゃんと考えて買わないと、儲けられそうにないんだよな。

というわけで、大手有望銘柄を中心に、20万ほど投資。結果や如何に。


※近日、天野才蔵の「株さらけ出し」ブログを立ち上げる予定です。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 柴田明夫「エネルギー争奪戦争」感想。
ビジネス警鐘書。2007年12月21日読了。
| トップページ | 2007年の読書総括。145冊。最多記録更新。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/17604152

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部俊之「日本人が知らなかったタイ株」感想。
株本。2007年12月26日読了。
:

» タイ株の魅力 [金持ち父さんへの道,なかったタイ株」感想。株本。]
観光地としての人気の高いタイ。温暖な気候や物価の安さにひかれ、年中、世界中の 人々がタイを訪れます。 そんな中、いま最も熱いのはタイ料理でもタイ式マッサージでもなく、タイの株式です。 多くの投資家が、タイの株式に注目し始めています。 現在、着実な経済成長を遂げているタイ。当然、株式市場もそれにつれて活発になって きています。タイ市場の一番の魅力は、株価が安く、配当が高いところ。 日本からでも投資できる環境が整っているのもポイントが高いです。 タイ市場で株式取引を行うには、タイの証券会社に口座を開... [続きを読む]

受信: 2008/01/09 10:17

« 柴田明夫「エネルギー争奪戦争」感想。
ビジネス警鐘書。2007年12月21日読了。
| トップページ | 2007年の読書総括。145冊。最多記録更新。 »