« 2008年正月、ボルネオ島に行く(4) | トップページ | 似ている (どうでもいいこと) »

2008/03/13

西川治「世界ぐるっと朝食紀行」感想。
紀行文。2008年03月12日読了。

世界ぐるっと朝食紀行
西川治 /新潮社 2007/11出版 376p 15cm ISBN:9784101333519 \700(税込)

ボルネオ島(マレーシア)旅行記は一回お休み。

1940年生まれの写真家兼料理研究家である著者が、世界中撮影してまわった際に食べた朝食を、料理の写真とともに軽妙な文章で綴る写真エッセイ。写真が豊富で、しかもカラー印刷も多数。これで今どき700円とはかなり良心的な値付けである。

とまあ褒めてはみたものの……

文章はやや下手だし、料理の名前は書いているのにどういう料理なのか一言でぱっと現していないからイメージをつかみにくい、エッセイの内容はかなり著者の独善的な部分がある(これに関しては私は他人のことをとやかく言えないが)等々で、個人的にはイマイチなエッセイであった。


4点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 2008年正月、ボルネオ島に行く(4) | トップページ | 似ている (どうでもいいこと) »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/40479688

この記事へのトラックバック一覧です: 西川治「世界ぐるっと朝食紀行」感想。
紀行文。2008年03月12日読了。
:

« 2008年正月、ボルネオ島に行く(4) | トップページ | 似ている (どうでもいいこと) »