« 2008年正月、ボルネオ島に行く(5) | トップページ | 2008年4月・週末海外でベトナム・ホーチミン(1) »

2008/03/16

花堂靖仁「XBRLの衝撃」感想。
ビジネス書。2008年03月13日読了。

XBRLの衝撃―日欧米40数カ国550余機関が推し進める世界標準
花堂靖仁/ダイヤモンド社 /ダイヤモンド社 2008/03出版 188p 22cm ISBN:9784478003749 \1,575(税込)

XMLをベースにした、会計言語ができつつあるらしい。

国際標準規格で、日本が主要な役割を果たしているらしい。

この本は、そのXBRLの概要について書かれたものである。

本書の内容はたぶんXBRLについて知っている人ならたいしたことはないのだろう。私はXBRLを知らなかった。知らないが故、この本に書かれていることはかなり衝撃的だった。XBRLの技術を使えば、著者が書いているように第二のIT革命、スーパービジネスチャンスがやってくる。それは間違いない。けど、この技術のすごさは普通の人には理解できないのかも知れない。会社に持って行って経理課長(60歳くらい)とか財務課長(55歳くらい)とかソフトウェア開発部の課長プログラマ(40歳)とかネットワーク管理の担当主任(31歳)とかに見せたけど、誰もすごいと感じていなかった。

私は凄まじいビジネスチャンスが生まれる元ネタだと思うし、実際XBRLを使ってあれやこれややりたい商売が3つくらいすぐ浮かんだし、その浮かんだアイデアを使えば年商100億円くらいのビジネスにできそうだし、何で誰もそういうことがわからないんだろう。

会社を立ち上げる種銭があればなあ。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 2008年正月、ボルネオ島に行く(5) | トップページ | 2008年4月・週末海外でベトナム・ホーチミン(1) »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/40484514

この記事へのトラックバック一覧です: 花堂靖仁「XBRLの衝撃」感想。
ビジネス書。2008年03月13日読了。
:

« 2008年正月、ボルネオ島に行く(5) | トップページ | 2008年4月・週末海外でベトナム・ホーチミン(1) »