« アクセスカウンター3万突破。 | トップページ | 2008年9月・週末海外で台湾(1) »

2008/06/26

栗本薫「グインサーガ121 サイロンの光と影」感想。
ファンタジー。2008年06月10日読了。

サイロンの光と影―グイン・サーガ〈121〉

◆もうグインサーガを読むのはやめて、今まで買った全巻+英語版とかドイツ語版とか愛蔵版とか全部まとめて叩き売ろうとしているのだが、100巻で完結と宣言して始まった長大な物語なのに100巻過ぎても作者は全然完結させる気がなく、おまけに100巻過ぎてから話の質がどんどん最悪なくらいひどくなっているグインサーガなんて、今さら読み始めようとする人がほとんどいないのか、全然売れる気配がない。

◆それでもどうにかこうにか叩き売ろうと思っているのだが、叩き売るためには全巻揃っていないと更に売れなくなってしまうので、結局最新刊を買ってしまった。

◆買ってしまったから適当に読むことにしたのだが、あまりのくだらなさに萎える。


2点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« アクセスカウンター3万突破。 | トップページ | 2008年9月・週末海外で台湾(1) »

◆小説・SFホラーファンタジー」カテゴリの記事

□グインサーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫「グインサーガ121 サイロンの光と影」感想。
ファンタジー。2008年06月10日読了。
:

« アクセスカウンター3万突破。 | トップページ | 2008年9月・週末海外で台湾(1) »