« 壁の落書き | トップページ | 船戸与一「炎の回廊 満州国演義4」感想。
歴史冒険小説。2008年06月30日読了。 »

2008/07/13

高野秀行「辺境の旅はゾウにかぎる」感想。
紀行文。2008年06月23日読了。

辺境の旅はゾウにかぎる
高野秀行 /本の雑誌社 2008/06出版 253p 19cm ISBN:9784860110833 \1,575(税込)

◆高野秀行の本は書き下ろしが多い。本書は、「本の雑誌」や「旅行人」などに掲載(連載ではない模様)された文章をまとめた本。

◆高野秀行の名著に「アヘン王国潜入記」という本がある。潜入記はビルマから立ち去るところで終わるが、実際はビルマからの出国がかなり大変だった。という顛末が「アヘン王国脱出記」として本書に掲載されている。これがまたけっこう笑えるのである。

◆「テレビの理不尽」という話では、ビルマのドキュメンタリー番組撮影に40日間同行し、いろんな(大変だったけど面白い)出来事が発生したのだが、ドキュメンタリーの趣旨から外れるエピソードは番組に反映されないという嘆きを書いている。文章にするのなら後からエピソードを思い出して書けばいいけど、テレビ番組に知るためには映像が撮られていなければならない。どんなに面白い出来事があっても、映像に残っていなければ番組としては成立しない。そういう嘆きも含まれている。ただこの話、どこかで読んだ記憶があって、何でだろうと奥付調べたら「旅行人」に掲載された話だった。

◆後半は高野秀行が薦める”エンタメ・ノンフィクション”本の紹介。

◆いろんな雑誌に掲載されたものをまとめた本だからしょうがないのだけど、けっこうバラバラな感じが。まあいいんだけど。


5点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 壁の落書き | トップページ | 船戸与一「炎の回廊 満州国演義4」感想。
歴史冒険小説。2008年06月30日読了。 »

△高野秀行」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/41629631

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行「辺境の旅はゾウにかぎる」感想。
紀行文。2008年06月23日読了。
:

« 壁の落書き | トップページ | 船戸与一「炎の回廊 満州国演義4」感想。
歴史冒険小説。2008年06月30日読了。 »