« 峯山政宏「地獄のドバイ」感想。
苦難。2008年08月24日読了。
| トップページ | HDDレコーダー »

2008/09/10

松本仁一「アフリカ・レポート」感想。
いわゆる新書。2008年08月25日読了。

アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々
松本仁一 /岩波書店 2008/08出版 205p 18cm ISBN:9784004311461 \735(税込)

◆アフリカの中でも、間違った国作りが行われたソマリアやシエラレオネを「失敗国家」と名付けた名著「カラシニコフ」の著者、松本仁一氏の最新作。

◆「はじめに」で、著者はアフリカの国歌を大きく4つにわけている。
1)政府が順調に国作りを進めている国家。ボツワナぐらいしか該当しない。
2)政府に国作りの意欲はあるが、運営手腕が未熟なため進度が遅い国家。ガーナ、ウガンダ、マラウィなど10ヵ国程度
3)政府幹部が利権を追い求め、国作りが送れている国家。ケニアや南アフリカなど多くのアフリカ国家が該当。
4)指導者が利権にしか関心を持たず、国作りなどはじめから考えていない国家。ジンバブエ、アンゴラ、スーダン、ナイジェリア、赤道ギニアなど。ソマリアやシエラレオネはこのカテゴリーの中でも極端な崩壊国家としている。

◆国連関係者などが、利権を追い求める国家指導者に、その腐敗を指摘すると、「レイシズム=人種差別だ」と言い返されてしまう。著者松本仁一氏も、2002年にナイジェリア政府の腐敗を外務省主催の会議で報告したら、アフリカ関係者から「それはレイシズムだ」といわれてしまったそうである。

◆本書は、ジンバブエの経済崩壊の理由、南アフリカの犯罪増加、アフリカに巣くう中国人、国を逃げ出しパリに行くアフリカ人、そういう状況下でありながら生きるために知恵を絞る人たち、アフリカの成功例などが、問題点を広げすぎず的確に、かつ分かり易い文章で書かれている。

◆著者は朝日新聞の元記者で、2007年12月に定年退職したらしい。こういう記者を辞めさせてしまうなんて、朝日新聞はまたひとつダメ新聞社へ転落していくのだろうなあ。


9点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 峯山政宏「地獄のドバイ」感想。
苦難。2008年08月24日読了。
| トップページ | HDDレコーダー »

■アフリカ」カテゴリの記事

△松本仁一」カテゴリの記事

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/42277075

この記事へのトラックバック一覧です: 松本仁一「アフリカ・レポート」感想。
いわゆる新書。2008年08月25日読了。
:

« 峯山政宏「地獄のドバイ」感想。
苦難。2008年08月24日読了。
| トップページ | HDDレコーダー »