« 北方謙三「水滸伝(十一) 天地の章」感想。
歴史小説。2008年08月29日読了。
| トップページ | 今井佐緒里編「ニッポンの評判」感想。
いわゆる新書。2008年09月08日読了。 »

2008/09/23

北方謙三「水滸伝(十二) 炳乎の章」感想。
歴史小説。2008年09月02日読了。

水滸伝〈12〉炳乎の章

あらすじ(紀伊国屋Bookwebより)
青蓮寺は執拗に闇塩の道の探索を続け、ついに盧俊義の捕縛に成功した。
過酷な拷問を受ける盧俊義を救うため、燕青は飛竜軍とともに救出へ向かう。
一方、北京大名府に残る闇塩の道の証拠を回収すべく、宋江自らが梁山泊全軍を率いて出動する。
それに対して青蓮寺は、雄州の関勝将軍に出陣の命を出した。
宣賛と策を練り、梁山泊の盲点を見極めた関勝が静かに進軍する。
北方水滸、極限の第十二巻。

◆盧俊義が塩の道を造るのに尽力してきた、という設定はわかる。しかし、12巻に至るまで、塩の道を如何に作り、如何に守ってきたのかが、イマイチ見えない。1巻で阮三兄弟が出てきたあたりが、最も塩の道に近い描写だったような。梁山泊は塩の道が生命線でありとても大事だと言っているし、青蓮寺は塩の道をつぶすことが必須であると執念を燃やしている。にもかかわらず、守る致死軍・飛竜軍、攻める高廉闇軍、ともに姿があまり見えない。見てないところで死闘を繰り広げているという設定なのだから、しょうがないのだろうけど。やっぱりイマイチ消化不良の感がある。

◆そしてこの巻でまた好きなキャラクターが死んでしまった。そういう展開だからしょうがないんだろうけど。


8点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 北方謙三「水滸伝(十一) 天地の章」感想。
歴史小説。2008年08月29日読了。
| トップページ | 今井佐緒里編「ニッポンの評判」感想。
いわゆる新書。2008年09月08日読了。 »

◆小説・時代小説・歴史小説」カテゴリの記事

▲北方謙三」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三「水滸伝(十二) 炳乎の章」感想。
歴史小説。2008年09月02日読了。
:

« 北方謙三「水滸伝(十一) 天地の章」感想。
歴史小説。2008年08月29日読了。
| トップページ | 今井佐緒里編「ニッポンの評判」感想。
いわゆる新書。2008年09月08日読了。 »