« 大沢在昌「黒の狩人(下)」感想。
冒険小説。2008年10月11日読了。
| トップページ | グインサーガ123「風雲への序章」 のamazonレビュー »

2008/10/16

栗本薫「グインサーガ123 風雲への序章」感想。
ファンタジー。2008年10月15日読了。

風雲への序章―グイン・サーガ〈123〉

あらすじ(ネタバレバレ)

・第1話の1と2
グインがアキレウスに、シルヴィアの件で申し開き。アキレウスは「グイン、お前はもはや息子だ」と言う。これだけのことに延々35ページひたすら二人の会話。

・第1話の3と4、
ケイロニアの宮廷とはどのようなものなのか、の設定が書かれているだけ。中身がない。

・第2話の1と2
新年の式典で、アキレウスがグインに全権委譲を発表。設定だだ書きの延長で、ドラマチックな展開はゼロ。

・第2話の3と4
新年式典恒例のケイロニア人事異動の発表、及びグインによる改革の発表。今まで聞いたこともない、馴染みの薄いどうでもいい雑魚キャラのことまで延々とだだ書き。

・第3話の1と2と3と4と、第4話の1と2と3と4
イシュトヴァーンとカメロンの会話。イシュトヴァーンは、リンダに結婚を申し込んでパロを奪ってしまおう、というアイデアと、海軍または水軍を作るぞ、だから海岸のある国を奪うぞ、いざとなったらケイロニアとも戦争するぞ、というアイデアをカメロンに話す。これもひたすら二人の会話。

◆遂に、この時がやってきたようだ。

◆昭和55年=1980年からグインサーガを読み始め、今年で28年。ここ数年、グインサーガは小説といえるレベルにすら達していないただの駄文と化しており、何度も呆れたのだが、ここまで読んできた以上、著者自らが宣言する最終巻まで付き合おうかと思っていたが、もう無理だ。

◆今作123巻は、上に記したように、グインがケイロニアの王となる重要な巻である。また、イシュトヴァーンも自らの野望、つまりパロの略奪、中原の征服、ケイロニアとの戦争もあり得ることを明確に示し、読者は今後の展開にますますの興味を持つはずなのである。

◆が。小説として、どうしようもないくらいレベルが低く、ひどいのである。

◆逆にいえば、これだけ凄まじい展開の巻でありながら、読んでいてまったく面白みを感じないのは、栗本薫に作家としての力量がなくなってしまったのだろう。つまり、続巻にまったく期待が持てないのだ。

◆更にいえば、登場人物に魅力が無くなってしまった。どのキャラクターも、魅力ゼロだ。

◆ハヤカワの稼ぎ頭であろう栗本薫は、質の低下を誰からも忠告されることなく、惰性で売れていることを実力と勘違いし、延々と駄文を書き続けるのだろう。まあ勝手にやってくれ。私はもう降りる。


1点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 大沢在昌「黒の狩人(下)」感想。
冒険小説。2008年10月11日読了。
| トップページ | グインサーガ123「風雲への序章」 のamazonレビュー »

◆小説・SFホラーファンタジー」カテゴリの記事

□グインサーガ」カテゴリの記事

コメント

まったく同感です。私もこれまでグインを読んできた中で、もっとも面白くなかったと思います。キャラクターにも全く魅力を感じなくなりました。かなりとばし読みをしましたが、それでも苦痛で、もはや修行のようでした。

投稿: keri | 2008/10/25 22:12

keri様、コメントありがとうございます。
お返事がすっかり遅くなってしまいました。

今回このブログで書いた感想を、ほとんどそのままコピペしてamazonレビューに投稿しましたが、未だ掲載されていません。評点はもちろん★一つ。今回のamazon検閲は強力で、もう掲載されないだろうと諦めています。

amazonのグインサーガレビュアーは、大半が栗本ファンなので、今回のドラスティックな展開を褒めまくっていますが、keri様や私のようにあきれ果てている読者も少なからずいるのでしょう。

そう考えると、amazon検閲しなきゃならないほど売れ行きが落ちているのだろうと推測してしまいます。

出版社も含め、自業自得だからどうでもいいんですけどね。

投稿: 天野才蔵 | 2008/11/04 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗本薫「グインサーガ123 風雲への序章」感想。
ファンタジー。2008年10月15日読了。
:

« 大沢在昌「黒の狩人(下)」感想。
冒険小説。2008年10月11日読了。
| トップページ | グインサーガ123「風雲への序章」 のamazonレビュー »