« 大沢在昌「黒の狩人(上)」感想。
冒険小説。2008年10月09日読了。
| トップページ | 栗本薫「グインサーガ123 風雲への序章」感想。
ファンタジー。2008年10月15日読了。 »

2008/10/16

大沢在昌「黒の狩人(下)」感想。
冒険小説。2008年10月11日読了。

黒の狩人〈下〉

◆上巻で不満を持った女キャラ由紀の出番が少なく、新宿署マル暴の佐江が大活躍。

◆なので、上巻で由紀に不満を持った私としては、下巻の方が面白く感じられるのであるが、そうは言っても佐江が異常に運が良いとか、佐江が異常に勘が良いとか、佐江が公安のキャリア・一条より頭の回転が速いとか、佐江と組む中国人毛が超人並みに強かったなど、主役クラスが単なる登場人物ではなく、皆スーパーマンなのだ。身も蓋もない言い方をしてしまえば、「何じゃこの御都合主義的展開は」って感じ。

◆大沢在昌は「新宿鮫」シリーズで既に完成されてしまった作家だから、似たような設定の異なる作品を書いてもしょうがないと思うのだ。本作だって、新宿署のマル暴刑事という設定の時点で、新宿鮫を越えられない宿命にある。

◆似たような主人公の小説(刑事であることが多い)を多数書いてしまう大沢在昌は、今後新たな読者を獲得していくためには、真保裕一がチャレンジして(惨敗して)いるように、純文学などの違うジャンルに行くしかないんじゃないのかね。まあ私は大沢ファンだから、まだ、どんな本でも単行本で買い続けますけど。


6点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 大沢在昌「黒の狩人(上)」感想。
冒険小説。2008年10月09日読了。
| トップページ | 栗本薫「グインサーガ123 風雲への序章」感想。
ファンタジー。2008年10月15日読了。 »

◆小説・冒険小説」カテゴリの記事

▲大沢在昌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大沢在昌「黒の狩人(下)」感想。
冒険小説。2008年10月11日読了。
:

« 大沢在昌「黒の狩人(上)」感想。
冒険小説。2008年10月09日読了。
| トップページ | 栗本薫「グインサーガ123 風雲への序章」感想。
ファンタジー。2008年10月15日読了。 »