« グインサーガ123「風雲への序章」 のamazonレビュー | トップページ | ハードディスクレコーダー »

2008/10/17

2008年10月16日、粟生隆寛を見てきた。

今までほとんど書いたことのないボクシングネタ。興味のない方は読み飛ばしていただきたく。


久しぶりにボクシング世界戦を生観戦。

本日のセミファイナルは粟生隆寛の世界初挑戦。→判定負け。
メインは長谷川穂積の防衛戦。→2RTKO勝ち。

代々木体育館で開催されたこの試合、代々木体育館に行くのは、鬼塚の世界チャンプ陥落戦以来のような気がする。試合自体は、最近のボクシングにしては面白かったのだが、売店の少なさと、喫煙所が遠いので、別の意味で疲れた。というか観戦中に腹が減ってしまって、メシを食っていかなかったのが失敗だったなあ。

試合中、同行者が持っていたワンセグでTVも見ていたのだが、この試合は生中継だった。つい先日テレビ東京で中継していたトリプル世界戦(新井田陥落の試合)は、ディレイ中継だったため、試合結果がネット出先に出てしまってしらけたことを考えると、やっぱりスポーツ中継は生でなくちゃと思うのである。

長谷川が2Rで倒したので、試合は20:20頃には終わってしまい、TV中継はさぞや困ったことになっているのだろうとワンセグを見ると、マイク・タイソンの試合が流れていた。やっぱり困っていたんだね。

視聴率は12%を超えたらしいので、最近のボクシングじゃ上出来だ。この調子で、ボクシング人気が上向きになってほしいのだが、12%を撮ったのは粟生の人気か、長谷川の実力なのか、どっちなんだろう。

|

« グインサーガ123「風雲への序章」 のamazonレビュー | トップページ | ハードディスクレコーダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年10月16日、粟生隆寛を見てきた。:

» 楽-15 残念!粟生・・・・もう少し [『春夏秋冬 喜怒哀楽』]
10月16日(木)に、東京代々木競技場で、 WBCダブル世界戦があった。 バンタム級チャンピオンの長谷川穂積(27歳)は、 「サウスポーには苦手意識がある」と戦前に言いながら、 危なげなく勝利し、7度目の防衛に成功したが・・・・・・。 フェザー級の粟生隆寛(24歳)は、 4回にはチャンピオンからダウンを奪い、 半分くらい手中に納めかけたチャンピオンベルトを 経験の差から?あと一歩の詰めが出来ず、 逆襲を喰... [続きを読む]

受信: 2008/10/18 02:00

« グインサーガ123「風雲への序章」 のamazonレビュー | トップページ | ハードディスクレコーダー »