« 2008年9月・週末海外で台湾(3) | トップページ | 2008年9月・週末海外で台湾(5) »

2008/10/26

2008年9月・週末海外で台湾(4)

◆2008年9月26日 就寝前

明日は、千と千尋の神隠しのモデルと言われている街「九份」に行こう、と決める。


◆2008年9月27日 観光前半

7:00に起床。今回のホテルは朝飯なしなので、台北市内にメシを食いに行かねば。圓山大飯店からMRT圓山駅まで、ホテルのシャトルバスが出ているというので乗ってみたのだが、ものすごくぼろっちい15人乗りくらいのミニバスで、乗っているのは従業員ばかり。まあなんだ、圓山大飯店のような高級ホテルに泊まるような人は、シャトルバスなど利用するな、というホテル側からの暗黙のメッセージなのかも。

日本の地下鉄のようなMRTは、ICチップ内蔵のトークンを買い、改札にトークンをかざすだけでOK。現地の人の利用方法を見たら、すぐに使い方がわかった。

で、MRT圓山駅から台北駅に行った。目的は朝からやっているお粥屋さん。ところが、地上に出る際の出口を間違えて、探しても探しても目的の店が見つからない。

九份に行くためには、いわゆる在来線に乗って「瑞芳」で降りて、そこからバスかタクシーで行くのが安い。台湾鐵道管理局(http://www.railway.gov.tw)で、瑞芳まで行く電車の時間を調べられる。出発前、日本でざっくりと調べておいた九份に行くための電車の時間が、だいたい1時間に一本。そろそろ台北駅に向かわないといかんなあ、とお粥屋を諦め玉子サンド歩き食いで朝食を済ます。台北駅に向かい、駅の喫煙所でたばこを吸っていたら、「火を貸してくれ」と現地人から声をかけられる1




台北駅で切符を買う台北駅では、指定券を買うためらしき窓口に行列ができている。私は並ぶのがいやだったので駅構内をうろちょろしていたら、自動券売機が見つかった。券売機を適当に操作していたら、瑞芳行きの自強号(特急列車の名前)の切符が買えた。指定券とは思えないので、立ちなのだろうけど、台湾の指定席は、空いてりゃ座っていいらしいから、淡く期待。




台北駅のホームで列車を待っている9:10頃ホームに降りる。自強号は9:40くらい。ちょっと早かったか。9:20頃、一本前の自強号じゃない特急が来て、わらわらと人が乗り降りする。9:40頃自強号が来て乗り込む。予想通り座れないので、デッキに立っていると、親切そうなおばさんが「キップ見せて」と声をかけて来た2ので見せたら「この列車は瑞芳に止まらない、違うよ」と身振り手振りで教えてくれる。ああ、そうなの、まあでも一個手前の駅まで行くからいいじゃん、と返事をしたが、親切なおばさんは駅員を呼んで、次の列車に乗れと言い続ける。ちょっと面倒になったので、降りて次の列車を待つ頃にする。何のことはない、9:20頃に見送った列車に乗っていれば早く着いたのに、10:20頃の特急まで待つ羽目になった。駅構内にあるセブンイレブンで、極太ソーセージと早くもビールを手にして待つことに。このソーセージ、やたら旨かった。




隙間だらけの連結部10:20頃、ようやく瑞芳行きに乗る。やっぱり立ち。車両の連結部のところで立っているのだが、この連結部が隙間だらけ。誤って足を滑らせたら、連結部から足がはみ出て足もげるんじゃないかと思えるくらい、隙間が大きい。隙間が大きいので、雨もじゃんじゃん入り込んでくる(この日も天気は雨模様)。特急列車の中にいるのに、雨が当たる。日本の電車では考えられないよな、ってこともあって何だか新鮮な感じ。






瑞芳駅前45分ほど経ち、瑞方に到着。台湾自体はほぼ先進国。でもちょっと離れるとすぐに田舎の風景。瑞芳駅前は、まさしく私がイメージしていた台湾の風景だった。日本人の観光シーズンではない時期で、台風が接近しているから台湾人もあまり来ていない。だから人は少ない。瑞芳駅から九份までは、タクシー組合で取り決めされていて、どのタクシーに乗っても180NT$とのこと。バスの時間を調べるのが面倒だったので、タクシーで九份に向かう。




九份入り口九份に到着すると、それなりに観光客がいる。しかし、ガイドブックには身動きができないほどの観光客がいると出ていたのを考えると、たいした客数じゃない。




九份で、九份を1時間ほど散策。端から端まで歩き回ったけど、買い物をする気がないのなら、1時間でじゅうぶん見て回ることが出来る。赤い提灯は、天気が良ければもっと綺麗に見えるのだろうが、小雨交じりの曇天では、薄暗く感じてしまう。




九份から海側を見る阿妹茶酒なる店で昼飯を喰う。ガイドブックに載っているような店なので、そこそこ高い。餡かけチャーハンを食ったが、味付けが甘い。酒を飲めるとはっきり書いている店が少なかったので、酒が飲めるこの店を選んだのだが、ちょっと失敗したかも。海が見える席でだったが、天気が悪くて景色を楽しむような感じじゃない。曇天→小雨→ちょっと大粒の雨、が断続的に繰り返されてる。


続く

|

« 2008年9月・週末海外で台湾(3) | トップページ | 2008年9月・週末海外で台湾(5) »

■2008年9月・週末海外で台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年9月・週末海外で台湾(4):

« 2008年9月・週末海外で台湾(3) | トップページ | 2008年9月・週末海外で台湾(5) »