« 飯嶋和一「出星前夜」感想。
歴史小説。2008年10月27日読了。
| トップページ | 熊谷達也「相剋の森」感想。
純文学。2008年11月04日読了。 »

2008/11/17

トラスト立木「この国の経済常識はウソばかり」感想・
いわゆる新書。2008年10月29日読了。

この国の経済常識はウソばかり

◆著者は冒頭で「人口オーナス」と言う言葉と使っている。一国の人口構成が、高齢者が増え生産年齢が減った状態にあることを示す言葉らしい。著者の造語なのかと思って調べたら、本当に存在する言葉のようだ。

◆時給1,000円で働く若者がいる。この若者も税金や健康保険(=医療費)を負担しなければならない。しかし、老齢者の終末医療は1日数万円かかる。人口オーナスが進んでいけば、若者はいったい何人の老人の医療費を負担しなければならないのだろうか。このまま長寿大国がより一層進んでいけば、若者は老人がを養うために働くことになりかねない。

◆しかし、後期老齢者医療費問題を見てもわかるように、マスコミは事の本質を伝えようとせず、福祉こそが重大な政策であると、政府や官僚を叩きまくる。

◆厚労省が発表している日本の人口予測によると、2030年には65歳以上が4,000万人くらいになると出ている。対する生産年齢=15歳から65歳までは、6,000万人くらいで、15歳以下が1500万人くらい。(忘れなければ、後日このソースをきちんと載せます)

◆しかしね。今どき15歳から働いている輩が何人いるというのか。アルバイトまで含めたら15歳から22歳も生産年齢ではあるけど。

◆話が逸れました。この本は、今まで当たり前と思われてきた経済常識を、それは間違っているよとずばずば指摘する本である。小難しい話ではなく、ちょっとした発想の転換で自分でも辿り着くことができるような内容。目から鱗、とまでは行かないけど、かなり参考になる本。

◆ちょっと評価が低いのは、テーマがもう少し絞れていたらなあ、と惜しい感じがしたので。


6点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 飯嶋和一「出星前夜」感想。
歴史小説。2008年10月27日読了。
| トップページ | 熊谷達也「相剋の森」感想。
純文学。2008年11月04日読了。 »

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

コメント

トラスト立木です
http://blogs.yahoo.co.jp/tachikimakoto
書評ありがとうございました。
すごく参考になります。
自作の参考にします。評価が上がるように頑張りますので、引き続き応援してください!

投稿: トラスト立木 | 2008/12/04 20:52

トラスト立木様

ご本人様からコメントをいただけて嬉しい限りです。

評点は辛めになってしまったのですが、人口オーナスはいままで知らなかったことで、若者一人が多数の老人を養う未来図は、空恐ろしいものを感じました。

立木様の既刊、続巻など、これからも注目していきたいと思っております。(が、積ん読が多いのでいつ読めるか……ですが)

投稿: 天野 | 2008/12/05 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/43137745

この記事へのトラックバック一覧です: トラスト立木「この国の経済常識はウソばかり」感想・
いわゆる新書。2008年10月29日読了。
:

» この国の常識と言うよりも、マスコミの常識:この国の経済常識はウソばかり [本読みの記録]
この国の経済常識はウソばかり (新書y) (新書y)作者: トラスト 立木出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2008/09/06メディア: 新書 この国で広く信じられている経済常識の嘘・問題点について指摘した本書。 と言っても、ネット・Blog界隈ではもはやこの本で糾弾されているような事実は「常識」で無くなっている。古い常識に縛られているのはこの国の「マスコミ」だ。 ... [続きを読む]

受信: 2008/12/12 22:34

« 飯嶋和一「出星前夜」感想。
歴史小説。2008年10月27日読了。
| トップページ | 熊谷達也「相剋の森」感想。
純文学。2008年11月04日読了。 »