« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/25

蔵前仁一「シベリア鉄道9300キロ」感想。
紀行文。2008年11月19日読了。

シベリア鉄道9300キロ
蔵前仁一 / 旅行人 2008/08 ¥1,890 (税込)

◆私の敬愛する旅行作家蔵前仁一氏が久しぶりに出した旅本。文庫化されたのを除いたら、「新ゴーゴーアジア」以来じゃなかろうか。

◆本書はタイトルの通り、シベリア鉄道を9300キロ乗り倒す、という本である。
・富山から船でウラジオストックに行き、
・ウラジオストックで2泊し、
・ウラジオストックからハバロフスクまで1泊2日シベリア鉄道に乗り、
・ハバロフスクで途中下車、
・再びシベリア鉄道に乗りハバロフスクからイルクーツクまで2泊3日の列車旅、
・イルクーツクで途中下車、
・三度シベリア鉄道に乗り込み、イルクーツクからモスクワまで3泊4日の列車旅、
・モスクワで観光、
・モスクワからサンクトペテルブルクへ行き、
・旅の締めくくりはフィンランドのヘルシンキまで

◆ちなみに途中下車しないで、ウラジオストックからモスクワまで通しで行くと、6泊7日らしい。(逆ルートの場合は7泊8日)

◆久しぶりに蔵前仁一の旅本を読んだので、個人的にはそれだけでもう十分。でも、列車内の話が7割を占めているので、テツじゃない人は途中で飽きちゃうかも。

◆本書には写真もたくさん(というか本書の4割くらいが写真)掲載されているのだけど、ロシアの何もない大地、開発しようにも寒すぎて誰も開発しないそれこそ文字通り手つかずの自然、モスクワのようにヨーロッパの伊吹を感じさせる大都会。ロシアは観光に向いている場所がたくさんある。ロシアが本気で観光開発しだしたら、「Visit Japan」なんて吹っ飛んじゃうじゃないのかな。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

大前研一「ロシア・ショック」感想。
ビジネス本。2008年11月17日読了。

ロシア・ショック
大前研一 / 講談社 2008/11 ¥1,575 (税込)

◆私が信用する数少ない経済アナリスト大前研一の最新ビジネス書。

◆私はロシア株の現物取引をやっているので、ロシアの情勢にはものすごく関心がある。(ちなみに今も持っているのはノリリスク・ニッケルとルクオイル。ロシア統一電力も持っていたが、知らない間に上場廃止され、半年近く経つのに金が戻ってこない)

◆オルガリヒと呼ばれているロシアの新富豪が、どうやって国営企業の経営権を手に入れていったのか謎だったのだが、本書でようやく理解できた。本書から引用すると「1992年、政府は国有資産(国営企業)を平等に分配する目的で、12歳以上の国民に対してバウチャーと呼ばれる株式引換券を発行した。これにより、全ての国民は国営企業の民営化に際して、1万ルーブル相当の株式を受け取る権利を得た。だが、ほとんどの国民はバウチャーや株式の意味、将来の勝ちを理解できなかった。以下略」

◆利に賢い奴ってのはどんな世の中にもいるのだね。

◆大前せんせいはメドベージェフの任期満了後、プーチンが大統領に再任するだろうと書いている。まああちこちで書かれていることだから、誰しもがそう思うのだろう。プーチンの強権は、西側社会に強い反発を買っているけど、経済的に、とううかビジネスライクに考えると、プーチン政権というのは必ずしも悪いことばかりじゃない。西側マスコミや西側の人権団体などは、チェチェンで起きている人権弾圧は許せない、ようなことを言っているけど、アメリカはイラクを虐めているし、中国もチベットやウイグルを虐めている。政治の世界は、見る角度によって、まったく異なる評価になる。

◆ロシア株(モスクワ証券取引所上場株)は、リーマンショック以降世界でも相当下落率が激しいけど、ロシアの将来を考えると、ロシア株はまだまだ仕込み時って感じ。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

西牟田靖「誰も国境を知らない」感想。
ノンフィクション。2008年11月13日読了。

誰も国境を知らない―揺れ動いた「日本のかたち」をたどる旅
西牟田靖 / 情報センタ-出版局 2008/10 ¥1,785 (税込)

◆日本人はこの国の真実を知っているのだろうか、というテーマの下、著者は5年かけて日本の国境各地を訪れ、歴史的経緯と現在を書き記している。本書で著者が訪れた日本の国境は、北方領土、沖ノ鳥島、竹島、対馬、硫黄島、小笠原諸島、与那国島、再び竹島、再び北方領土、尖閣諸島である。まあ当たり前だが離島が多い。

◆内容をかいつまんでしまうと、山本皓一「日本人が行けない「日本領土」北方領土・竹島・尖閣諸島・南鳥島・沖ノ鳥島上陸記 」とそっくりであり、更にいえば、山本皓一は週刊ポストの記者であったこと(現在はフリーらしい)を最大限利用し、西牟田靖が上陸できなかった沖ノ鳥島にも上陸している。山本皓一の本が出たのが2007年の6月。出版されたとき、西牟田靖は悔しかったんじゃないかなあ。そのくらいテーマがよく似ている。

◆じゃあ西牟田靖の書いた本書が二番煎じでつまらないのか?というと、そんなことはない。なぜここに国境があるのかということを、歴史的な背景を交えながら、今実際に国境となっている島に暮らす人々への取材と、著者の考えがうまくミックスされている。国境という見えない線について考えさせられる。

◆私がまだ読んでいないだけで、日本の国境について考えるノンフィクションは何冊も出ているのだろう。個人的に、国境についてもっとよく考えたいので、このテーマの本をこれからも読んでいきたい。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

雑感2


・テレビや新聞が独自調査の上報道している内閣支持率が、最近信用できなくなってきた。
・無作為抽出した1,000~2,000人に電話アンケート、という形式が多いと思うのだけど、昼間に電話アンケートされても、答えるのは主婦層が多いんじゃないのかね。アンケート解答者の構成を明示されていないからよくわからんけど。
・それと、最近にマスゴミの偏向報道に関してちょっと考えてみたのだが、マスゴミは後先考えず取りあえず今の自民党政権が転覆すればいいと思っているのでは無かろうか。だから民主党を応援する。民主党の実態が共産党に近い社会民主主義政策を取っているなんてどうでもよくて、取りあえず一回自民党政権を転覆させようと。
・で、転覆後民主党が政権を取っても、思っていたよりつまんなかったら民主党バッシングを開始するんじゃないかな。
・あげくは、アメリカのように民主党と共和党(≒自民党)が交互に政権を奪取するような状態が正しいのだ、とか言いだしかねない。


・裁判員制度が始まったら、死刑連発になるんじゃなかろか。
・飲酒運転+引きずりひき逃げ死亡事故は、危険運転致死罪じゃなく殺人罪が適用され、ひとりしか死んでいないけど死刑、とかね。死刑は大げさでも、情状酌量が一切無く求刑通りの判決が下るんじゃなかろか。
・そう考えると、長崎市長銃撃射殺事件の犯人が、ひとり殺しただけで死刑判決を受けたってのは大きな判例だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/17

雑感

最近ブログの趣旨がめちゃくちゃになってきています。
テーマ別にいくつものブログを作ろうと思っていた時期もありましたが、面倒なのです。


・私は国内株と中国株とタイ株とロシア株と外国株を中心とした投資信託をやっている。
・9月以降だけで、40%も下落した。11月17日現在、ほとんど恢復していない。現在人生最大の凹である。
・中国株は儲けを欲張りすぎて売り時を逃しただけだから損失は少ないのだが、分散投資のつもりで行っていたタイ株やロシア株がズンドコに落ち込んでいる。
・これから恢復の見込みはあるんかいな、といろんなブログを読んでいると、数年前から言われていた韓国国家破綻の危機が、かなりの真実味を帯びてきていることがわかった。
・嫌韓の私は、韓国が国家破綻するのは大歓迎なのだが、実際に破綻されたら食い詰めた韓国人が対馬に大量にやってくるから、死なない程度にじりじり締め付けるのが一番良いのだろう。

・私はネット右翼と呼ばれる類なんだろうなあ、と思う。
・自衛隊は国防軍になって欲しいし、
・弱者救済もいい加減にしとけと思うし、
・中国や朝鮮に引け目を感じすぎと思うし、
・国際政治ではもっと我が儘言えよと思うし、
・海上自衛隊が竹島を封鎖せよと思うのである。

・しかし、北方領土はもう無理だと思う。竹島と違って普通にロシア人数千人が60年以上も住んでいる、つまり竹島と違って本当に実行支配されている島を、今さら返されたって凄まじいしこりが残るだけだろう。

・さらに、移民は賛成なんだよな。
・これからますますひどくなる少子高齢化を考えると、単純労働の担い手となる移民は必要だよ。
・でも移民に参政権を与えることは否定的。

・そんな私が考えるに、明日11月18日に可決されてしまうかも知れない改正国籍法はいかん。

・これはいかんと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

宮田珠己「ウはウミウシのウ」感想。
紀行エッセイ。2008年11月06日読了。

ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記<br />

◆シュノーケリングをこよなく愛する著者が、海外国内いろんなところでシュノーケリングを行い、そのときに見た奇妙な生き物を著者直筆のイラストで紹介する。ついでに旅にまつわるいろんなエピソードも紹介する。そんな紀行エッセイである。

◆通勤電車の行き帰りで読んだのだが、あまりにも面白くて、電車の中で吹き出しそうになること数十回、笑いをこらえること数十回、にやにやすること数十回。

◆エッセイは好きずきがあるけど、この本は私の笑いのツボにはまってしまった。これは素晴らしいエッセイだ。


9点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸山茂徳「科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている」感想。
アンチエコ本。2008年11月05日読了。

科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている

◆CO2を削減したって「地球温暖化は止まらないよ」ということを、豊富なデータを元に、間違っているものは間違っているのである、と指摘した本。奥付の著者経歴がちょっとわかりにくいのだけど、今現在、東京工業大学大学院理工学研究科教授である。

◆ただ、本書はタイトルと内容が若干異なり、前半はタイトルに沿った内容になっているが、後半は全世界で急激に人口が増えていること対する危機を警鐘し、世界的な人口増加でありながら、少子高齢化が進む日本のあり方といった政治的な提言になってきている。

◆前半の内容はそれなりに納得できるものもあるが、あまりにもいろんなデータを次から次へと持ち出すものだから、これはもしかしたら「トンデモ本」なのか?と思ってしまった。違ったけど。

◆後半の人口増加に対する危機的状況への警鐘は、なるほどと頷ける部分も多く、私自身人口増加が地球温暖化の主原因であると思っているので、良い内容であった。

◆ただ、一冊の本として読んだ場合、かなり散漫な印象を受けるのではないかと思う。残念である。


5点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷達也「相剋の森」感想。
純文学。2008年11月04日読了。

相剋の森

◆熊谷達也という作家のことを知りませんでした。私は冒険小説を中心に読んでいるので、その他のリーグは詳しくありません。

◆どこかのブログで、直木賞を取った「邂逅の森」が素晴らしいと書かれていて、今回読んだ「相剋の森」は「森」シリーズの第1弾なのだと知りました。

◆私の自宅には積ん読本が300冊くらいあり、早いとこ積ん読消化しなきゃと思いつつ、ついつい新しい本を買ってしまいます。熊谷達也という作家を知り、とりあえず買っておけばそのうち読むだろうと、買ってしまいました。それが「相剋の森」です。人ごとのように、この本も積ん読になっちゃうかなあと思っていたのですが、買ってから1ヶ月以内で読み始めました。

◆東北で熊を狩るマタギと、マタギに「動物を殺さなくても生きていけるでしょう」と宣う甘っちょろい女ジャーナリストと、女ジャーナリストと組むことになるカメラマンの3人が軸となり、なぜマタギは熊を狩るのか、熊を狩るというのはどういうことなのか。

◆物語は重厚なテーマを下敷きに進んでいきます。世の中にはこんなすごい話を書ける作家がいるのだなあ、と素直に感嘆しました。熊谷達也の著作は、一通り読んでみようと思います。意気込んでもしょうがないのですが、とりあえず文庫化されている熊谷達也の小説を、全部買ってきました。積ん読にならないよう、なるべく早く読みたいと思う次第です。


9点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

トラスト立木「この国の経済常識はウソばかり」感想・
いわゆる新書。2008年10月29日読了。

この国の経済常識はウソばかり

◆著者は冒頭で「人口オーナス」と言う言葉と使っている。一国の人口構成が、高齢者が増え生産年齢が減った状態にあることを示す言葉らしい。著者の造語なのかと思って調べたら、本当に存在する言葉のようだ。

◆時給1,000円で働く若者がいる。この若者も税金や健康保険(=医療費)を負担しなければならない。しかし、老齢者の終末医療は1日数万円かかる。人口オーナスが進んでいけば、若者はいったい何人の老人の医療費を負担しなければならないのだろうか。このまま長寿大国がより一層進んでいけば、若者は老人がを養うために働くことになりかねない。

◆しかし、後期老齢者医療費問題を見てもわかるように、マスコミは事の本質を伝えようとせず、福祉こそが重大な政策であると、政府や官僚を叩きまくる。

◆厚労省が発表している日本の人口予測によると、2030年には65歳以上が4,000万人くらいになると出ている。対する生産年齢=15歳から65歳までは、6,000万人くらいで、15歳以下が1500万人くらい。(忘れなければ、後日このソースをきちんと載せます)

◆しかしね。今どき15歳から働いている輩が何人いるというのか。アルバイトまで含めたら15歳から22歳も生産年齢ではあるけど。

◆話が逸れました。この本は、今まで当たり前と思われてきた経済常識を、それは間違っているよとずばずば指摘する本である。小難しい話ではなく、ちょっとした発想の転換で自分でも辿り着くことができるような内容。目から鱗、とまでは行かないけど、かなり参考になる本。

◆ちょっと評価が低いのは、テーマがもう少し絞れていたらなあ、と惜しい感じがしたので。


6点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/11/11

飯嶋和一「出星前夜」感想。
歴史小説。2008年10月27日読了。

出星前夜

「神無き月 十番目の夜」を読んで以来、新刊が出たら必ず読む作家にリストされている飯嶋和一の、実に4年ぶりの新刊。ホントに寡作な作家さんです。本書は、天草四郎が主人公じゃない「島原の乱」。

◆本書には主人公が二人いて、一人は結果的に「島原の乱」の軍師的な役割をつとめた有家村庄屋の鬼塚監物、もう一人は「島原の乱」の発端となる騒動を引き起こした有家村の若者寿安。

◆飯嶋和一の語り口は、脇役の生い立ちを長々と説明したり、本筋とはあまり関係がない大名家の人物関係まで詳しく記したりする。歴史小説としての正確さを著しているのだろうが、ときとして説明的になりすぎるきらいがある。しかし、島原の民がなぜ絶望の淵に追いやられ、なぜ叛乱になってしまったのか、400年近くも昔の出来事を見てきたかのように詳述し、わかっていることとはいえその結末に哀しさを感じ、魂が揺さぶられる。語り口が説明的だなんてくだらないことを書いてもしょうがないか。


9点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログバカすぎ。管理者は死んで出直せ。

11月10日23:55、投稿ができないどころか、
記事一覧の表示に5分くらいかかる。

記事一覧を見たら、投稿できていないと思った
「ココログひどすぎ」が二重投稿になっている。

ああ、もう、これじゃ何も書く気にならんではないか。

死んで出直せバカNifty。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月・週末海外で台湾(7)

◆2008年10月上旬

台湾旅行から2週間ほど過ぎた。早いなあ、もう2週間経ったのか、関東は一気に秋空になってきたなあ、などと適当なことを考えていたら、ホテル予約サイト(ホテルクラブ)からメールが届いた。

「ホテルの予約が完了しました
ホテル:Grand Hotel Taipei
チェックイン:26-Oct-08
チェックアウト:28-Oct-08」

???

私が泊まったのはSep-26からSep-28だぞ?


◆ホテルクラブからメールされてきて、実際にホテルで使ったバウチャーのPDFを開いてみた。すると確かに、
チェックイン:26-Oct-08
チェックアウト:28-Oct-08
と記載されていた。


◆しかし私が9月に泊まった際、Oct-26のバウチャーを見せてもフロントは何も文句言わなかったし、精算は現金でもカードでも払ってない。でも、チェックインのときにデポジット代わりにカードを貸した。伝票には何もサインしていないのだが、デポジットで渡したカードで引き落とされてしまうのかなあ。とりあえずOct-26に台湾に行く予定はないので、ホテルクラブにキャンセルを入れた。すると、予約が確定してしまっているのでUS$15が発生するとメールが来る。最悪の場合、ホテルから正規料金の請求をされ、かつホテルクラブのキャンセル料も払うのか? それは嫌だなあ。というか、圓山大飯店(の一番安い部屋)の正規料金って幾らなんだよ。

◆なんとかしなきゃとつたない英語で「私が泊まったのはSep-26からSep-28だよ」とホテルクラブにメールを出すも、返事無し。返事無しで困ってしまったので日本語でくどくどとA4用紙4枚にわたり事情を書き連ねたFAXを送りつける。メールにすっかり慣れてしまったけど、やっぱりFAXってのは有効性が高いねえ、翌日ホテルクラブよりメールが届き、9月にホテルクラブ経由で予約したことにして、ホテルクラブ名義でカードに請求する、圓山大飯店から直接請求されないようにする、OK? と連絡あり。

◆予約をした時点では日付が間違っているなどとはつゆほどにも思わず、圓山大飯店のチェックイン時フロントのあんちゃんからも何も文句を言われず部屋に案内されたので、予約日付が間違っているとは、帰国してホテルクラブからのメール見るまでまったく気づかなかったよ。ホテル予約サイトで予約すると、こんな事態も起こるんだなあ。

◆行きの飛行機90分遅れ。現地台湾では雨模様。帰国の日は台風直撃。帰国したら予約間違いの騒ぎ。今回の旅はイマイチだったのかなあ。

おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログひどすぎ

ここ1~2ヶ月、夜10時を過ぎると
ココログへの投稿がまともにできない。

サーバーが重すぎて反応が返ってこないんだよなあ。

収益にあまり寄与しない無料ブログなんかやってるから、
管理できないくらいサーバーが重くなるんだバカNifty。

1年間更新されていないブログは強制削除とか
アフィリエイトばかりで中身のないブログも強制削除とか
いくらでも方法はあるだろうに。

バカNifty。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

2008年9月・週末海外で台湾(6)

■2008年9月28日 台湾桃園空港

猛烈な台風の中、タクシーを使って、飛行機出発の3時間前には空港に着いた。

朝飯抜きだったので、第2ターミナルでワンタン麺に午前中からビールで寛いでいた。

ふと気づいた。

日本から持っていった携帯電話がない。

小銭が残っていたので、圓山大飯店に電話をかけた。ホテルの案内カードに記載されている電話番号にかけたが、なかなかつながらない。記載されている電話番号が、国際電話用の番号だったのに気づくまで、何度もかけ直した。なんとか圓山大飯店に電話をかけることができ、日本語を喋れる人を電話口に呼び「ホテルに携帯電話を忘れたかも知れないのですが」と言ったら、あっさりと「あります。これから取りに来ますか?」あちゃちゃ。「もう空港なので無理、日本に送って」


■2008年9月28日 成田駅

携帯電話の件を除けば、まあ良い旅だったなあ。
入国をすませると、成田空港のロビーで白鵬の相撲をやっていたので見入る。白鵬優勝を見てから京成で成田まで。JR成田に歩いて行くと、目の前で電車が出る。もしかして、と思ったとおり目の前で出発した電車が我孫子行きだった。ちょっと肌寒いなか、半袖で30分、成田駅ホームでぼーっとする。

帰宅してさっそく圓山大飯店に住所とクレジットカード番号を知らせ、有料で構わないから送って、とメールする。


■後日

圓山大飯店から連絡があり、EMSで送るから510NT$(2,000円くらい)、とのこと。

連絡から1週間ほどして、携帯が郵送されてきた。発信履歴を見ると、台湾で二回電話をかけられていたが、数秒だったので、ホテルの人が確認のためどこかに電話したのだろう。まあ、これで一安心。

あと一回、続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武田邦彦「環境問題はなぜウソがまかり通るのか3」感想。
環境問題啓蒙書?2008年10月16日読了。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか〈3〉

◆第三弾まできたこの本、さすがに飽きてきた。

◆人間が生産と消費をすること自体がエコではなく、「地球に優しい」商品などどんなに頑張ったところで単なる欺瞞。世界的に、二酸化炭素だけが温暖化の原因であるとの間違った解釈を推し進め、二酸化炭素だけ削減すれば温暖化は防げるとの意識を消費者に植え付け、挙げ句の果てには二酸化炭素排出権取引だ。二酸化炭素削減という言葉が、まるで免罪符のように使われている。

◆本書は、大学教授という肩書きのある著者が、欺瞞は欺瞞であると政府関係者や広告代理店に宣戦布告したような本である。孤立する危険を顧みず、このシリーズを書き上げた著者は立派な人だと思う。

◆しかし、この本の内容を良く思っていない人たちは、揚げ足取りのように、重箱の隅をつつくように本書の間違いを嬉嬉と指摘し、悦に入っている。なんだかねえ。普通に理科の知識があれば、今の温暖化防止への取り組みや、エコ活動の欺瞞が普通にわかるはずなのに、何でわからないの。

◆このシリーズは、少なくても著者本人が理論的に裏付けをもって書いている話と、推測で書いている話がごちゃ混ぜになっている。また、温暖化とリサイクルと環境破壊の問題を、一緒くたに取り扱っている。そのため、論点がぼけてしまっている。温暖化の原因が二酸化炭素だけではないということ、日本のリサイクル事業はかえってエネルギーの浪費につながっていること、ダイオキシンをはじめとする環境問題は長年の取り組みで解決されていることも多数あること、などを個別に取り上げたらもっと良い本になったと思う。また、リサイクルの利権団体が役人と組んで大もうけしている話は、専門的なジャーナリスト、それこそ週刊現代のような雑誌と組んで暴くべき話で、憶測で書いたところで誰も相手にしない。

◆今後も武田邦彦がこの系統の本を出すのであれば、内容構成を自分一人でするのではなく、エコに欺瞞を感じている第三者と共著した方が、より説得力のある本になるのではないかと思う。


7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »