« 崎山克彦「何もなくて豊かな島」感想。
移住記。2009年05月25日読了。
| トップページ | なんか変。 »

2009/06/08

曽野綾子「貧困の僻地」感想。
エッセイ。2009年05月28日読了。

貧困の僻地
曽野綾子 / 新潮社 2009/05 ¥1,470 (税込)

◆曽野綾子大先生の本は、高校生くらいの時に「太郎物語」を読んだのが最初だったように記憶している。今となっては読んだという記憶があるだけで、「太郎物語」内容はまったく覚えていないけど、曽野綾子大先生は素晴らしい作家なのだなあ、との印象が残っている。以降も時たま曽野綾子大先生の著作を読んでいる。

◆小説と同じくらい大量のエッセイを書かれている曽野綾子大先生の最新エッセイ集である。アフリカの貧困地にに何度も足を運ぶクリスチャンの曽野綾子大先生ならではのエッセイかと思っていたが、タイトルに偽りがあり、「貧困の僻地」というタイトルをつけるほど貧困について書かれているわけではない。ちょっとがっかり。


5点/10点満点


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

|

« 崎山克彦「何もなくて豊かな島」感想。
移住記。2009年05月25日読了。
| トップページ | なんか変。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/45269608

この記事へのトラックバック一覧です: 曽野綾子「貧困の僻地」感想。
エッセイ。2009年05月28日読了。
:

« 崎山克彦「何もなくて豊かな島」感想。
移住記。2009年05月25日読了。
| トップページ | なんか変。 »