« 細野真宏「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?」感想。
マスコミってバカだね本。2009年06月02日読了。
| トップページ | 寺谷ひろみ「暗殺国家ロシア」感想。
事実列挙記。2009年06月03日読了。 »

2009/06/11

石平×三橋貴明「中国経済がダメになる理由」感想。
ビジネス書。2009年06月03日読了。

中国経済がダメになる理由―サブプライム後の日中関係を読む
石平/三橋貴明 / PHP研究所 2009/05 ¥1,260 (税込)

◆まあ、タイトル通りの内容が書かれた本。三橋貴明は「トンデモ!韓国経済入門」「本当はヤバイ!韓国経済」などのビジネス書を書いている2ch出身の作家で、石平は北京大学を卒業し日本に留学し、現在は日本で活動する1962年生まれの評論家(らしい)。

◆第1章と第2章は両者の対談。第3章と第5章は三橋貴明、第4章と第6章は石平が執筆担当。
第1章 なぜ、中国経済が衰退するのか
第2章 メディアは事実を正しく伝えているのか
第3章 成長限界点に達した中国経済
第4章 絶体絶命の中国経済と爆発寸前の中国社会
第5章 日本マスメディアの黄昏
第6章 ネットと市場経済がつくり出す革命の新時代

◆雇用統計など公表されている経済指標(数字)を元に、理詰めで持論を展開していく三橋貴明のビジネス書は、説得力があり好感が持てる。ただ、2ch出身の三橋貴明は、ネットの意見を世論と思い込む節があり、本書でもネットの論調を是とするような内容がいくつか見受けられた。ネットを全く見ない人(年寄りやお馬鹿ちゃーん)は必ずしもネットの論調と一致しないんだけど、と思いつつも、まあこれが三橋貴明の味だからいいか、とも思うのである。

◆対談部分と執筆部分で話がかなり重なっており、「これさっき読んだよ」と感じることしばしば。それと、本書のタイトルである中国経済とは直接的に関係ない毎日新聞叩きに多くのページ数を割いているのだが、予備知識なしで読んだら唐突感がある。毎日新聞を筆頭に、日本のマスコミは親中・反日で、中国に関する報道は信用しない方がよいという警告的な内容なのだが、やっぱり本書の主題とはかけ離れているのである。おもしろおかしく読めたからいいんですけどね。

◆最後に。新書で1260円は値段が高い。819円(税抜き780円)程度にしていただきたいのである。


5点/10点満点


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 細野真宏「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?」感想。
マスコミってバカだね本。2009年06月02日読了。
| トップページ | 寺谷ひろみ「暗殺国家ロシア」感想。
事実列挙記。2009年06月03日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/45282327

この記事へのトラックバック一覧です: 石平×三橋貴明「中国経済がダメになる理由」感想。
ビジネス書。2009年06月03日読了。
:

« 細野真宏「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?」感想。
マスコミってバカだね本。2009年06月02日読了。
| トップページ | 寺谷ひろみ「暗殺国家ロシア」感想。
事実列挙記。2009年06月03日読了。 »