« 村上玄一「ニッポンの底力がわかる本」感想。
新書。2009年09月8日読了。
| トップページ | マレーシア航空は「バカ」 »

2009/09/23

高野秀行「アジア未知動物紀行」感想。
奇っ怪生物探索記。2009年09月11日読了。

アジア未知動物紀行―ベトナム・奄美・アフガニスタン
高野秀行 / 講談社 2009/09 ¥1,470 (税込)

◆高野秀行の最新単行本が出た。前作「メモリークエスト」は、赤の他人(=基本的には高野ファン)のリクエストに基づき高野秀行が調査するというもので、やっていることは結構はちゃめちゃな感じはあるけど、なぜ高野秀行でなければならないのかその理由が希薄で、というよりは高野秀行が単に取材旅行をしたかったんだろうと感じさせるくらい取材に熱が入っていないように思え個人的にイマイチだった。ので、高野秀行が自主的に調査をしたくなった未知生物を探す旅、というコンセプトのこの本は期待が持てる。

◆本書は、ベトナム中部高原に生息する「猿人フイハイ」を探す旅、奄美の妖怪「ケンモン」を探す旅、外務省危険度4=退避勧告が出ているアフガニスタンで「凶獣ペシャクパラング」を探す旅の3本立て。高野本を読んだことがある人ならわかると思うけど、結論はいつもの通り。そういう意味では予定調和の世界。

◆高野秀行のユーモラスな文章は、ささくれ立った気分を沈める効果があり、まあ心穏やかになるのである。お試しあれ(何じゃそりゃ)


7点/10点満点


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 村上玄一「ニッポンの底力がわかる本」感想。
新書。2009年09月8日読了。
| トップページ | マレーシア航空は「バカ」 »

△高野秀行」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/46292419

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行「アジア未知動物紀行」感想。
奇っ怪生物探索記。2009年09月11日読了。
:

« 村上玄一「ニッポンの底力がわかる本」感想。
新書。2009年09月8日読了。
| トップページ | マレーシア航空は「バカ」 »