« 荒川洋平「日本語という外国語」感想。
新書。2009年09月29日読了。
| トップページ | 世界一周旅行への期待と不安と不安と不安。 »

2009/10/22

ビル・エモット「世界潮流の読み方」感想。
ビジネス書。2009年09月30日読了。

世界潮流の読み方<br />
ビル・エモット/烏賀陽正弘 / PHP研究所 2008/12 ¥819 (税込)

◆本書帯に、「世界同時不況で、欧米、日本、アジアはどうなるのか? 英国「エコノミスト」もと編集長が冷静かつ大胆に予測する!」と書かれている。

◆昨年末に出版されたちょっと古い本だったが、でも1年も経っていないのだから、興味深い話が載っているのだろうと期待して読んだ。

◆が、なんかちょっとピントがぼけているような話が多く感じた。なんかおかしいと感じながら読み進めていくと、途中で「アメリカの大統領がマケインになるかオバマになるかまだ決まっていないが」という内容になり、慌てて奥付を見たら、2006年7月から2008年末頃までに、日本の「潮」「朝日新聞」「voice」に寄稿された経済コラムを単に再掲しただけの書であることが判明。本書は原文を元に翻訳を改め大幅加筆したとあるが、原文は加筆されていないんでしょ。

◆新聞や雑誌に寄稿される経済コラムは、時事的な内容になることが多く、そのとき読むには良質な記事であることが多いけど、月日が経つと色褪せる。本書は、ためになる話、考えさせられる話、感心する話などが載っている一方で、ピントのぼけた話、予測が外れてる話、知識不足を誤魔化している話なども散見された。

◆中途半端な内容で書籍化したのは失敗だったのでは無かろうか。すくなくとも、原著者の大幅な加筆修正が必要だったのではないだろうか。誠に残念である。


5点/10点満点


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 荒川洋平「日本語という外国語」感想。
新書。2009年09月29日読了。
| トップページ | 世界一周旅行への期待と不安と不安と不安。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

天野様
ご批評くださり、ありがとうございます。当方の所属は「留学生日本語教育センター」であり、研修センターという名称ではございません。事実の相違のみご訂正お願いしたく存じます。
荒川洋平

投稿: 荒川洋平 | 2009/10/23 20:10

荒川様

たいへん失礼いたしました。
先ほど当該記事の修正を行いましたので、ご確認下さい。

投稿: 天野才蔵 | 2009/10/23 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/46438134

この記事へのトラックバック一覧です: ビル・エモット「世界潮流の読み方」感想。
ビジネス書。2009年09月30日読了。
:

« 荒川洋平「日本語という外国語」感想。
新書。2009年09月29日読了。
| トップページ | 世界一周旅行への期待と不安と不安と不安。 »