« 司馬遼太郎「梟の城」感想。
時代小説。2009年12月31日読了。
| トップページ | JAL、ねえ。 »

2010/01/08

藤原忠彦「平均年収2500万円の農村」感想。
自伝。2010年01月01日読了。

平均年収2500万円の農村 ― いかに寒村が豊かに生まれ変わったか

1月1日、羽田から千歳に向かう機内で読了。

タイトルに興味をもち、中身を見ないでネットで買った。農業を法人化しビジネスとして農業をやって大成功、とかそういう話を期待していたけど、違った。

まあ有り体に言えば、長野県川上村の村長さんである著者の自伝である。

それなりに参考になる部分はありますが。

年収2500万あったって、経費がいくらかかっているのかわからなければ、あまり意味がないように思うのですが。まさか村長自ら何でもかんでも経費にぶち込んでしまえ、なんて言うんじゃないだろね。


4点/10点満点


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


|

« 司馬遼太郎「梟の城」感想。
時代小説。2009年12月31日読了。
| トップページ | JAL、ねえ。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/47239517

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原忠彦「平均年収2500万円の農村」感想。
自伝。2010年01月01日読了。
:

« 司馬遼太郎「梟の城」感想。
時代小説。2009年12月31日読了。
| トップページ | JAL、ねえ。 »