« 世界一周の小ネタ【2】 英語が通じないアメリカ人 | トップページ | 世界一周の小ネタ【3】 爪楊枝 »

2010/07/31

池上彰「知らないと恥をかく世界の大問題」感想。
いわゆる新書。2010年07月23日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

知らないと恥をかく世界の大問題<br />


時事ネタ中心だけどちょっと古い本(2009年11月)だから買うのを躊躇していた。が、書店でぱらっと立ち読みしたら、「ロシアの場合、国際原油価格が1バレルあたり25米ドルを超えると、国内の石油企業はそれによって得た利益の約90%を税金として納める」と書かれていて、へえそうなんだそりゃ知らなかった、じゃあ買おう。と相成って買ったんだけど。


2005年に「そうだったのかアメリカ」を書いていた池上彰と同じ人物とは思えないくらい、キレがなくてどうでもいい本だった。


池上彰も稼げるときに稼がなきゃならないんだろうけど、こうも程度の低い本を出していると見放されるよ。


3点/10点満点


※「そうだったのかアメリカ」「そうだったのか中国」は、気になったところだけ抜粋して読んだので、完読していない。だから当ブログには感想を載せていない。


|

« 世界一周の小ネタ【2】 英語が通じないアメリカ人 | トップページ | 世界一周の小ネタ【3】 爪楊枝 »

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/49015906

この記事へのトラックバック一覧です: 池上彰「知らないと恥をかく世界の大問題」感想。
いわゆる新書。2010年07月23日読了。
:

« 世界一周の小ネタ【2】 英語が通じないアメリカ人 | トップページ | 世界一周の小ネタ【3】 爪楊枝 »