« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/28

富坂聰「中国の地下経済」感想。
中国ルポ。2010年10月23日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


中国の地下経済


中国がこの先どういう方向に進んでいくのか興味があり、たまに中国関連の本を読んでいる。

中国国民が多少なりとも洗練されパチモン作るのをやめ正しい経済発展を遂げ先進諸国のようになっていくのか、強気の国際政策や経済摩擦を続けたため国際社会で孤立しその勢いで少数民族が諸外国から支援を得て独立内戦に発展するのか、それとも今と何も変わらずに一党独裁歪んだ経済発展が続き凄まじい勢いで高齢化する人口が生産性の低下を招き気づけば経済が鈍化し国民全部大貧民に戻ってしまうのか、どう転ぶんだろうか。昨今のニュースからわかることは、中国は以前ほど低賃金で工員を雇える国家ではなくなってきており、賃金が安いとすぐに転職してしまうから工員の熟練度は足りず、結果として品質ではマレーシアやタイに敵わず、賃金ではベトナムやバングラデシュに敵わない。世界の工場たる地位は徐々にではあるが、他のアジア諸国に奪われつつある。ということはそう遠くない時期に中国の経済発展が萎み出し、新疆ウイグル自治区辺りがイスラムマネーを得て独立闘争を始めるのかな、と思っている。私は中国ウォッチャーじゃないからそれほど中国情勢に詳しいわけではないけど、ニュースを見ているだけだとそうなりそうな印象を持っている。


というわけで本書。

著者は1964年生まれ、北京大学に留学したのち、中国情勢を発表し続けているジャーナリストとのこと。1980年代から中国の中に入って中国の実態を見続けているのだから、正真正銘の中国ウォッチャーなんだろう。

本書は、中国の地下経済とはいったいいかなるモノなのか、その一端を取材したルポである。留学経験とその後構築したと思われる中国人脈は豊富で、本書に書かれている話の信憑性は高い。(例えば、経済官庁に籍を置く国務院の幹部とコンタクトをとれる、など)


中国のデパートで主婦が買い物をしようとしていると、女が近付き「デパートのプリペイドカードを額面の7割で売る」という。実際そのプリペイドカードは問題なく使える。なぜか?

中国で売られている高級タバコは一箱3900円(300元)もする。しかし、このタバコがとても売れているという。なぜか?

いずれも賄賂代わりだという。官僚に賄賂としてプリペイドカードや高級タバコを送る。官僚はそれを街にあるなんてことはない店(実は換金所)で簡単に現金に交換できる。換金率は額面の3~4割(だから7割で売っても元が取れる)。

デパートで近付いてきた女も、街角の換金屋も、どちらも地下経済の住人である。


別の話として、著者の携帯に「月3%で地下金融から金を借りませんか」とメールが届く。そのメールに書かれていた電話に連絡すると、無担保で6500万円(500万元)化してくれるという。つてを辿り地下金融に取材すると、無担保で貸しても、必ず返済させる(もしくは返済相当の儲け話を引き出す)手段を地下金融は持っているという。この話をきっかけに地下金融の取材を進めると、中国経済の問題点が見えてくる。中国の銀行は、中小企業相手に金を貸すようなことはしない。そんな連中を相手にしても、大した金儲けにはならないからだ(ちなみに、中国の銀行の融資担当は、凄まじい利権職なのだそうだ。融資担当の胸先三寸で金を借りられるか借りられないかが決まるから、金を借りたい企業は融資担当に山ほど賄賂を渡すそうだ)。

では銀行が金を貸してくれないなら、中小企業の経営者はどこから金を借りるのか。ほとんど地下金融から借りているらしい。

2008年、著者は地下経済に詳しい現役経済官僚と会い、地下経済の規模を聞いた。その解答は「表のGDPの半分」=日本円にして200兆円という驚くべき数字だった。(本書69ページ)


更に別な話として、最初に書いたプリペイドカードを売る女などは、職にあぶれた連中であることが多い。地下経済は、職にあぶれた連中の最後の拠り所として、中国社会に深く根を下ろしている。コピー商品を作っているのも、地下経済の連中であることは言うまでもない。


本書の半分くらいまで、興味深い部分に付箋を貼りながら読んでいたが、途中でやめてしまった。本書の全てが興味深く面白いのである。付箋が多すぎてあまり意味が無くなってしまったのだ。

この著者は非常に面白い。今後要注目である(まあ私が今まで知らなかっただけで、多方面から注目されている方なんだろうけど)。


本書を読み、中国が今後どのようになっていくのかを考えると、やっぱり分裂内戦がいちばんあり得そうに思えてくる。


9点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

石井光太「地を這う祈り」感想。
「世界の最底辺」のフォトルポ。2010年10月23日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


地を這う祈り


インドやバングラデシュやパキスタンやアフガニスタンやフィリピンやウガンダやエチオピアやタイやスリランカやベトナムやその他著者が訪れた国々の、

最底辺を生きる人々の、

過酷な日常を撮った写真を中心にしたルポ。

全身瘤だらけで見世物なって金を得ている乞食、
右手が切り落とされている子供乞食、
下半身を露わにして路上で死んでいる売春婦、
緑色に変色した水を飲む歩けない老婆、
檻に閉じ込められる知的障害者、
ゴミ捨て場で鉄くずをかき集める少年、
蛆やゴキブリの混じった残飯を食う少年……


私は著者石井光太氏を贔屓にしているので、多少贔屓目の評価になってしまうけれども、それでもこの本は石井光太の現時点の集大成的と思えるので、私としては満点をつけるのである。


10点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

門倉貴史「ゼロ円ビジネスの罠」感想。
ビジネス新書。2010年10月22日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


ゼロ円ビジネスの罠


クリス・アンダーソンの「フリー」を日本のビジネスに当て嵌めると? 例えばポケットティッシュはモノで釣る広告依存型「ゼロ円ビジネス」……

日本のみならず、世界各地で繰り広げられる無料ビジネス。その具体例を出し、「フリー」を読んでいない人にも無料ビジネスの何たるかがわかるように解説した後、無料ビジネスを経済学的に分析したり、問題点を洗い出したりしている本である。

無料ビジネスの弊害の一つとして著者が挙げている例で、「iPadを無料で差し上げます」「IKEAのギフトカード1000ドル分を差し上げます」という詐欺メールに引っかかる人が急増しているらしい(米国で)。昔ならこのような胡散臭い詐欺に引っかかる人は少なかったが、無料サービスがそこら中に溢れるように成り、人々が「無料でモノを差し上げます」に抵抗感が無くなってきたとか。この手の詐欺はいずれ日本でも大流行するだろうな。


本書の後半は、無料ビジネスの失敗例を紹介している。無料というのは、無料であることが武器になるから価値があるのであって、無料が武器にならなければ無料にする必要は無いということだ(ろう)。その上で著者は最後に、ゼロ円ビジネスは主流にならない、と結論(仮説)づけている。


世界的な潮流がどのようになるのかわからないが、日本においては著者の結論になるような気がする。なって欲しいという願望なのかも知れないが。


どうでもいいことだが、著者の門倉貴史氏はあまりテレビに出ない方がいいと思うぞ。


6点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/25

西田宗千佳「世界で勝てるデジタル家電」感想。
いわゆる新書。2010年10月21日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


世界で勝てるデジタル家電―メイドインジャパンとiPad、どこが違う?

内容(紀伊國屋Bookwebより)
iPadが日本で生まれなかったのには理由がある。
世界のモノづくりのルールが変わったのだ。
従来のメイドインジャパンのやり方では戦えない。
超・量産と「修理するより新品交換」のモノづくりのルールが、いま世界を席巻している。
これこそアップル勝利の方程式。
メイドインジャパンも「ルールを変える」ことが復活のカギだ。
東芝、パナソニックなど、成功例に学べ。


iPhoneはiPadの設計方法。ハードウェアスペックは低くても構わない。しかしグラフィックは手を抜かない。ハードもソフトも徹底的に追求する。

生産方法。台湾は中国のEMSを使ってとにかく大量生産する。ねじは極力使わない。熟練度の低い工員でも組み立てられるよう、はめ込みを多用する。大量生産による制約はあるが、デザインは妥協しない。

アフターサービス。大量生産すると、修理するより新品に交換する方が安い。修理する場合、修理している間ユーザーは不便に感じるが、新品交換ならユーザーも喜ぶ。一石二鳥。


日本製デジタル家電、携帯や液晶テレビの世界シェアは低い。存在感が無くなってきている。

しかし、ゲーム機はいまだ日本製が圧倒的である。


なんてことがいろいろと書かれている。デジモノ系の雑誌記事やwebコラムなどで既に読んだことがあるような内容が多いが、一冊にまとめられていると現在の日本メーカーの状態がよくわかる。良い本です。


この本に書かれていることを元に考えると、

第二次世界大戦後、世界中で、ありとあらゆる工業製品が大量生産されていたが、

(先進国を中心に)人々が欲しい物を手に入れてしまった後、きめ細かなユーザーニーズに対応するため多品種少量生産にシフトしていったが、

(中国インドブラジルロシアなどの国が経済発展するにつれ)やっぱり大量生産によるコスト競争に戻ってきた。


ということなんだろうな。要するに、資本主義はエコじゃないってことだ。


6点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/23

青山淳平「腎臓移植最前線」感想。
ノンフィクション。2010年10月17日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


腎臓移植最前線―いのちと向き合う男たち

2007年5月に出版された本。最近このテー-マ(移植医療)に興味があるので、新しい本ではないが読んでみた。

本書が出版される前年に、愛媛県宇和島徳州会病院を舞台にした腎臓売買事件が発生し、それがきっかけで万波誠医師による病気腎移植問題が発覚した。病気腎移植のニュースを初めて見たとき、「この医者はなんちゅう無茶苦茶なことをするんだ」と思ったが、よく考えてみれば、週に3回も血液透析をしなければならない深刻な腎臓病患者にしてみれば、それが病気腎であったとしても、機能する腎臓が手に入るのは救いなのだろう、と考えるに至ったが、世間的には賛否両論のようである。

さて本書。

1957年に東大医学部を卒業し、そのまま東大病院で勤務、1970年に東京女子医大に移り、腎臓移植を含めた日本の移植医療の開拓と普及に邁進した外科医、太田和夫。

本書は、移植医療に取り組む太田の歩みを軸に、太田に協力する医師、移植を望む患者達の話と、太田が作り出す本流とは別に、地方でも移植医療が出来ると取り組む万波誠らの四国中国のグループの話、そして世界的な移植医療の変遷、で構成されている。

1963年に雑誌に掲載されたボストンでの腎移植成功(移植後1年以上生存)の臨床報告を読み、太田は日本での腎移植を模索し始め、1970年までに30例の腎移植を試みる。

1970年、腎臓病の総合診療を行える環境、すなわち腎臓専門の内科泌尿器科外科さらには精神科も併設した総合腎臓病センターの設立を目指し、太田は東京女子医大へ移る。

同時期、京浜倉庫を経営していた大林の娘が腎移植をするためアメリカに渡る。大林は会社を経営している金持ちであり、娘を直すためなら費用は惜しまなかった。しかし適合するドナーが現れず、母親の腎臓を生体移植する。


太田は、受け入れてくれた女子医大の教授榊原のサポートもあり、血液透析を行うのに医者が人工腎臓を全部順部するのはたいへんだから、機械に強くかつ医療に携わりたい人たちを臨床工学技士として採用し(後に国家資格になる)、最終的には「人工腎臓センター」として大学に認められ、正式な組織となっていった。

大林は、娘のために死体腎(献体)をもっと増やしたい移植医療へ貢献したい、という思いから、自腹で「腎臓移植普及会」を作り、ドナーとなる死体腎への理解と賛同をつのる。

東京で腎移植を進める太田とは別に、四国でも腎移植を進めるグループが存在した。

死体腎が出ても、適合性が悪ければ移植できない。死体腎が出た際に適合性を見ながら腎臓を融通しあう「死体腎移植ネットワーク」が作られることになる。このネットワークは、大林の「腎移植普及会」の事務所に軒先を借り運営されていた。


時を経て、脳死を人の死とし臓器移植を法制化するにあたり、厚生省は死体から臓器を効率よく融通するための組織を作らなければならなかったが、予算がないため大林が作った「腎臓移植普及会」を利用することにした。これが後の「臓器移植ネットワーク」である。大林達は、「臓器移植ネットワーク」の理事に移植医を入れることを拒否した。


腎移植を中心に日本の移植医療は進んでいく。本書はその過程を書いたノンフィクションであるが、基本的には太田を中心に移植医療に関わる医者の生き様を書いたヒューマンドラマである。ドラマの中に、移植医療に関する問題点の解説が入ってくる。

ヒューマンドラマとしての部分が良くできているので、先へ先へと読みたくなる。読み進むにつれ、腎臓移植にはこのような問題点があったのか、脳死移植がさっぱり進まない一因はここにあるのか、など知的好奇心を満たすこともでき、とても良い本だと思う。


ちょっとだけ点が辛いのは、大林がなぜ日本の移植医にあまり良い印象を抱いていないのか、そこが書き切れていないから。


8点/10点満点


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/17

熊谷敬太郎「ピコラエヴィッチ紙幣」感想。
経済小説。2010年10月12日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


ピコラエヴィッチ紙幣―日本人が発行したルーブル札の謎<br />


第1回城山三郎経済小説大賞受賞作の「ロロ・ジョングランの歌声」に続き、第2回城山三郎経済小説大賞受賞作である「ピコラエヴィッチ紙幣―日本人が発行したルーブル札の謎」を読むことにした。

あらすじ(紀伊國屋Bookwebより)
1919年秋、印刷工の黒川収蔵は紙幣印刷のため極東ロシア領の小都市尼港(ニコラエフスク・ナ・アムーレ)にある島田商会に派遣される。
当地最大の日本企業・島田商会の発行する紙幣「ピコラエヴィッチ」は、下落の激しいルーブル札を補完し、町の産業を支える紙幣として当地の人々の生活に深く根付いていた。
新紙幣の印刷は、美しいロシア娘オリガの協力で進められ、いつしか二人には恋愛感情が芽生えていった。
ようやく紙幣の印刷が完成に近づいた頃、町には4000人を超える赤軍過激派が押し寄せる。
ロシア人有力者たちは次々に処刑され、やがてその魔手は日本人にも向けられる。
外界からの援軍を得られない厳寒の尼港で、およそ750人の日本軍民は悲壮な覚悟で徹底抗戦を試みる。
果たして黒川とオリガの運命は?第2回城山三郎経済小説大賞受賞作。
「通貨とは何か?」「経済とは何か?」を問う問題作


本書は、昭和21年生まれの著者の処女作である。処女作だけに、

誰の視点で書かれているのかわからないプロローグやエピローグ、
取って付けたような恋愛話、
存在感がありそうなのに活かせなかった登場人物の数々(島田元太郎がその筆頭)、

など欠点はあるものの、紙幣はなぜ価値があるのか、紙幣はどのようにして流通するのか、そもそも海外で商売するとはどのようなことなのか、ということが物語の中に上手く織り込まれていて、良くできている経済小説と思う。

1919年というのはレーニンがロシア革命を起こした頃で、本書の舞台である尼港(ニコラエフスク・ナ・アムーレ)は地図で見ると以下の辺り。

大きな地図で見る


著者は、時代背景や極東ロシアの地理に関してかなり調べたと思われ、”資本家対労働者”の対立構造や、冬の極東ロシアの寒さが伝わってくる。

文章も上手いし情景描写も良くできているし魅力ある登場人物もいるし全体的に良い小説だと思うのだが、プロローグはまったくもって不要の一言に尽き、それが故に私的には辛口な点数を付けてしまうのである。


6点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

松村美香「ロロ・ジョングランの歌声」感想。
経済サスペンス小説。2010年10月05日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

ロロ・ジョングランの歌声

第1回城山三郎経済小説大賞を受賞した作品。

この賞はなんぞや? → 週刊ダイヤモンドを出版しているダイヤモンド社が主催している小説の賞。当初はダイヤモンド経済小説大賞だったが、第4回目から城山三郎経済小説大賞に名前を変えた(賞の回数もリセットされた)。週刊ダイヤモンドは小説好きに響かないけど、城山三郎なら知っている小説好きも多い。まあこの賞は名前を変えて成功したんじゃなかろか、と勝手なことを宣う。

それはそれとして。

本書「ロロ・ジョングランの歌声」と第2回城山三郎経済小説大賞を受賞した「ピコラエヴィッチ紙幣」、どちらもけっこう完成度が高いよ、という風の噂を聞き、購入→積ん読。

失業保険の給付期間が終わってしまって、住宅ローンが重くのしかかって暫く新刊本は買えないから、積ん読本を消化するべく読み出した。


本書は、インドネシアおよび東ティモールへの日本の経済支援(いわゆるODA)と、それに群がる国際コンサルタント、そしてボランティアで援助を行う国際NPOにまつわる”どろっ”とした現実をベースに、主人公で新聞社系雑誌編集者の人間関係が入り交じるという展開。

著者は、筑波大学で修士(経営学)を取得、国際開発コンサルタントとして、カンボジア、インドネシア、モンゴル、ザンビア、パレスチナなどの開発調査に参加した経歴を持つ人なので、臨場感と生々しさがよく伝わってくる。

地震災害を援助するNPOの女性の台詞(本書87ページより)
「天変地異なんて気が楽よ。人災とは違う天災で、ここの被害者は純粋に被害者なんですもの。誰を恨むでもなく、誰のせいでもなく、ただ、大地が揺れた。大地が揺れて、大勢の人が等しく被害に遭って、同情すべき気の毒な状況にある。そうした人たちを手助けするためには、何の取り繕った大義名分も用意する必要がないわ。ただ、被災者に対して気の毒だから支援をしているだけだもの。それで全ての説明がつく。それって、支援する側にとっては気分的にストレスがない。正義と善意で、全ての説明がつくのよ」

政治的難民を援助するのと、天災の被災者を援助するのでは、援助側の気分が違うということを表した台詞だが、何というか、見事。


後半の人間関係や話の展開は個人的に気に入らないが、国際援助に関する生々しい現実をテーマにしているわりにあまり嫌な気分にならないのは、著者の書くそこそこ詩的な文章が、本書のテーマ性を損なうことなく話を進めるのに上手くはまったということなんだろう。


いやでもやっぱりラストはとても気に入らないのだが。


7点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/09

法政大学生になる(たぶん)

昨日(10月8日)、

法政大学(通信)から合格通知が届く。

読書感想文を書けばいいだけの簡単な願書で合格、3年に編入。

入学金と学費を払えば、在学中と名乗れるようになる。

転職事情が非常に厳しく、大卒必須が当たり前となりつつある。履歴書に大学在学中とでも書かないと、書類選考すら通らない。世知辛い世の中になってしまった。

そうは言っても、せっかく金かけて入るのだから、卒業を目指そうと思う。教本を読むのに時間を取られ、ますます積ん読本を読まなくなるような気がする。

それはそれで仕方のないことなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョギング日記、その後

以前このブログで書いていたジョギング日記は、テストサイトに移動しています。

現在、週に3回のペースで走っています。
67.6kg→64.7kgまで痩せてきました。

このブログは読書ブログに特化しようと考えていますので、旅行関係もそのうち全部テストサイトに移動させる予定です。が、テストサイトのデザインがまったく美しくならないので、どうしたものかと悩んでいます。レンタルサーバー借りて、MovableType手に入れて、自分でブログを構築できれば悩みは解決するのですが、無職でヒマ人のくせに、面倒なことにはなかなか手を付けられずにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

ストックフォト PIXTA にクリエイター登録しました

自分が撮った写真を第三者に売るサービス PIXTA http://pixta.jp/ にクリエイター登録し、少しずつ WORKS を作っています。

http://pixta.jp/@amanosaizo/works/

販売実績がない私は、一週間に3枚しか写真をアップロードできないので、今のところ有料販売されているのは3枚だけですが、お金が余っている方、買って下さい。(ちなみに写真のクオリティやタグ付けなどの審査があるので、アップロードした写真が必ず販売できるとは限らない)

※WORKS は販売とは関係ないので、たくさんの写真を載せるべく、写真データを鋭意補正中。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/05

佐々木俊尚「本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み」感想。
パソコン関連書。2010年09月30日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み

プーペガール、アトリエ、アットコスメ、食べログ、Alike、おとりよせネット、Shufoo、クックパッド、スマイティ、リビングスタイル、TSUTAYA DISCAS、filmo、本が好き、ニコニコ動画、まぐまぐマーケット、SPIDER、一休、ポイ探、フォートラベル、iコンシェル、QLife、OKWave、ALL ABOUT、マニュアルネット、発言小町、ウェブポ、エキサイト恋愛結婚

の特長と使い方を書いた雑誌連載をまとめた本。

お役立ち度は高いけど、それだけ。


4点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

ストックフォトで金儲け(したい……)

ストックフォトというサービスがある。

自分が撮った写真をストックフォトにアップロードし、

誰かが私の写真を「有料でもいいから」使ってくれると、

私の懐に金が入ってくるというサービス。

私はPIXTAとういうサービスに登録してみた。

とっ始めに、「肖像権ってのがあってだな、守らんかい」「商標権ってのがあってだな、守らんかい」とか、「優良販売する写真はPIXTAの承認制だ、クソみたいな写真をアップロードしたらぶち殺すぞ、コラ」とか宣告され、

肖像件とかに関するミニテストを受け、晴れて一発OKになったので、

自分の写真をアップロードしようとすると、「あんたは実績のないド素人だから、最初の一週間は3枚しかアップロードできない」と宣告される。

ううむ。

更に、「海外の風景写真、特に夕焼けの写真なんかは、凄まじい数の写真がアップロードされているから、並大抵の写真じゃ使いもんにならないからね、そこんとこよろしく」と宣告される。

ううむ。

じゃあしょうがねえ、ダージリンで遭遇してしまった人が殺された後の殺害現場をアップロードしてみよう。

さて、無職で金のない私は少しでもここで金儲けが出来るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »